イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

じゃり姉さん(質問主)


猫アイコン 猫 5歳 メス 雑種

体重:不明

飼育歴:2年9ヶ月

居住地:宮城県名取市

飼育環境:室内

以前より、外猫としてエサをやってましたが、昨年11月ごろ足が禿げるくらいかいて、可愛そうになり、獣医に見せたら、アレルギーといわれ、錠剤1錠を毎日飲ませなくてはならなくなり、自宅の廊下に二階建ての小屋に住まわせました。足あたりは問題ないのですが、今度は顔、首回りを掻き毟り、出血させてます。外に出れないストレスと、爪は切ってやってないので、長くなってるのでしょうか。この状態で外に放すのは死ぬだけかもしれないし、水、エサ、トイレはストレスなく準備してます。家にいるのが慣れれば、掻き毟り行動はおさまるのでしょうか。

日時2021-01-25 15:57:32

専門の獣医師からの回答

 実際に診ていませんのでお話内容から推測される範囲でお答えさせて頂きますことをご了承下さい。
動物病院でアレルギー性皮膚炎との診断で治療を受けられたとのことで、おそらくアレルギー性皮膚炎の症状が顔や首回りに出たと考えた方がよろしいかと思います。ストレス性の場合は身体を舐め過ぎて毛を舌で切り取ってしまうことの方が多く、皮膚自体に傷が付いたり、出血することは少ないと思われます。そのため、自宅に慣れても掻き毟りの行動は治らないと思いますので、もう一度動物病院を受診されることをお勧め致します。もし、ノミマダニ予防ができていないようならそちらも一緒にして頂いては如何でしょうか。

日時2021-02-05 10:42:54

猫の皮膚病は飼い主が気づくことが多い病気です。よくある事例や飼い主が気づけるポイントを、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸院長が動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: