イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

にゃん吉(質問主)


猫アイコン 猫 オス 雑種

体重:2.6kg

飼育歴:0年0ヶ月

居住地:栃木県宇都宮市

飼育環境:室内

1週間前に保護した子猫(推定生後5カ月)です。病院で頂いた抗生剤を1週間のんで、肉球の傷(穴があいたような傷)は治ってきたのですが、いまだ右前脚を床につこうとしません。
右前脚の肉球(いちばん体寄りの肉球)が腫れていて、肉球の周りの毛が肉球に張り付いています(右前脚は他の脚に比べて全体的に腫れているようにも見えます)。
病院では、肉球の腫れ等はさほど問題がなく、骨折して固まってしたのが原因だろうから治らないといわれました。
しかし、保護当時の1週間前の写真を見直してみたら、右前脚も床についていました。
いったいどういうことなのでしょうか。
ちなみに、右前脚をつかんでもいたがりませんが、反応はします。
何とか治してあげたい気持ちでいっぱいです。原因、治療法など教えてくださると助かります。どうぞよろしくお願いいたします。

日時2020-11-20 22:10:42

専門の獣医師からの回答

肉球の周りの毛が張り付いていたり、右前脚が全体に腫れている感じがあるとのこと。
肉球に張り付いた毛を丁寧に剥がすと傷が見えると思いますが、まだ化膿が残っていることはございませんか。右前脚が全体に腫れている場合は、感染やそれによる炎症がまだ完治していないことが考えられます。傷の下に膿がある場合は、排膿処置や消毒、および抗生物質の投与が必要かも知れません。

肉球の傷が原因でないとすると、獣医師の説明のように骨折があるのかも知れません。レントゲン検査は受けられましたでしょうか。その際に骨折が確認できたのでしょうか。また、骨折が確認できたとして、すでに癒合して(固まって)いるのでしょうか。また、痛みを和らげたり前脚の機能を改善するための手術は可能なのでしょうか。骨折が原因とすると、骨については直接このようなことが気になるところです。
ただ、原因として骨折がある場合、その背後に神経の異常が無いかについては注意して確認して頂かれると良いでしょう。
腕神経叢といって頸椎(首の骨)の後方と胸椎の前付近から前脚に向かっている神経があるのですが、外傷の場合は腕神経叢や、その遠位の橈骨神経、尺骨神経といった前脚の甲の側や、手の平側(掌側)の神経が障害を受けて、麻痺が原因で上手く腕を動かしたり着地出来ないことがあります。
肉球の傷など外から見える外傷の経過の確認と、そこに問題がないようであれば、まずは骨と神経の状態を確認して頂かれることをお勧め致します。
お大事になさってください。

日時2020-11-23 10:54:30

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: