イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

くる(質問主)


犬アイコン 犬 13歳 メス ミニチュアダックスフンド

体重:5kg

飼育歴:12年10ヶ月

居住地:福島県田村市

飼育環境:室内

背中が丸まって、お尻にぽこっと腫れのようなものがあり、歩き方もおかしかったので昨晩夜間救急にかかりました。ヘルニアと言われ、注射を打っていただきました。注射をする前(病院にかかる前の、歩き方がおかしい症状が見られたとき)も、注射後も、いつもより極度にグッタリしており、目を瞑っている時間が多いです。ご飯は昨晩も今朝も食べました。(今朝はおやつを。)ヘルニア以外の可能性も考えられるでしょうか?    ヘルニア、腫瘍患ったことがあります。ヘルニアは過去に1度あり、その際には注射をして治りました。それから5年あまり再発はせず、現在ヘルニアだと診断を受けました。脂肪腫は2回ほど摘出しております。どちらとも良性です。現在もお腹に2本あり、大きくなってきたのでそろそろ手術を考えております。

日時2020-10-21 10:15:44

専門の獣医師からの回答

背中を丸めて歩き方もおかしかったことから椎間板ヘルニアが疑われている、ということですね。
確かに椎間板ヘルニアもヘルニアの程度(脊髄神経の圧迫の程度や脊髄の炎症など)によって痛みや麻痺の程度と症状はさまざまです。
痛みが強いと、じっとして動きたがらないこともあります。
「お尻にぽこっと腫れのようなものがある」とのことですが、この部分は夜間救急で診て頂かれましたでしょうか。
13歳と高齢ですので、元気がなく、少し食欲も低下する様であれば、やはり日頃からの掛かりつけ医に一度診て頂かれると安心ですね。
どうぞお大事になさって下さい。

日時2020-10-24 16:29:55

愛犬の目元や足元のケアはしていますか。目元ケアに使えるローションや、模型を使いながら目元の拭き方を紹介します。ヤマザキ動物看護大学の福山貴昭先生が解説します。犬との暮らしに役立つ「まなびばsippo」をご覧下さい。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: