イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

メイ(質問主)


犬アイコン 犬 12歳 メス ポメラニアン

体重:3kg

飼育歴:12年5ヶ月

居住地:栃木県下都賀郡壬生町

飼育環境:室内

はじめまして。12歳になるポメラニアンの相談をさせて頂きます。4年前から心臓病の薬を飲んでいます。最初一種類だった薬も現在は5種類になりました。ピモベハート朝昼夕、アピナック、スピノラクトン、テオロング、ラシツクスが朝夕。呼吸困難時のニトロも処方されています。心臓病末期と言われています。通院も厳しくなってきたので、私か動画などを見せて
薬の処方をしてもらっています。何かあっても家でみとるつもりでいますが、残された時間を穏やかに、なるべく苦痛なくと思っています。
ニトロについておしえて下さい。ニトロは呼吸困難時だけではなく、朝夕に服用してもいいのでしょうか。腟に入れようとすると逆に興奮してしまいチアノーゼ気味になり、口からだとはきだしてしまいます。エサやおやつなどに包んで飲ませると、ニトロの効果は期待できないなのでしょうか。
ネットに不慣れの為、ちゃんと伝わるか心配ですが、ご意見、アドバイスよろしくお願いいたします。



日時2020-08-21 15:06:21

専門の獣医師からの回答

ニトログリセリンは、どの製剤をお使いなのかがわかりませんが、いくつかの種類が知られています。
粘膜にスプレーするもの、張り付けるものなどです。
張り付けるタイプを飲ませても効果はありません。
ピモべハートなどを飲まされているので、飲むタイプのニトロ系製剤を選択されてはどうでしょうか。
ニトロ系の薬は、血管拡張剤になりますので、呼吸困難の時だけでなく、常用することもできます。
飲ませるのであれば、ニトログリセリンの仲間である硝酸イソソルビドがいいでしょう。
徐放剤(長く効く)を1日1回か2回投与します。
カプセルになっているので、それを体重に合わせて病院で分包してくれるはずです。
その薬の玉はつぶしてはいけません。そのまま食事などを一緒に与えて下さい。
おやつでと一緒でも問題ありません。
硝酸イソソルビドは、1日に頻回投与すると薬剤耐性がでて効果が下がりますので、多くて1日2回までの投与にしましょう。また、イソソルビドを飲ませながら、ニトロを粘膜に張り付けるようなことは、同系の薬の過剰投与になりますので、避ける必要があります。
担当の先生にご相談ください。


日時2020-08-26 11:53:41

メイ(質問主)


返答ありがとうございます。硝酸イソソルビドは長く効くのですね。愛犬を少しでも穏やかに過ごさせたいと思っていましたので、イソソルビドが愛犬に効果があると願いたいです。かかりつけの獣医師さんに相談してみます。また相談する機会もあるかと思いますが、 この度はありがとうございました。

日時2020-08-26 15:39:12

メイ(質問主)


以前ニトロについて相談させていただいたメイと申します。先生のアドバイスでニトロールを朝夕飲むようになり数週間穏やかな生活をしておりましたが、投薬を4年もしてましたので副作用のため元気と食欲がなくなりました。先日、朝、6時頃に家族に見守られて天国に旅立ちました。心臓病だったので、呼吸困難、肺水腫で何日も苦しむのも覚悟しておりましたが、前の夜は薬も
飲み、ごはんも少しだけ食べて、亡くなるちょっと前にオシッコをして水を飲んで、咳をすることなく、呼吸も大きく吸ってを繰り返し天国に旅立ちました。
でもきっと本人は辛かったと思います。後悔しないやようにと一生懸命やったつもりですが、やはり後悔は残るものですね。先生のアドバイスでニトロールを飲んで穏やかな生活ができました。






日時2020-09-19 12:22:09

 ご愁傷様です。私はアドバイスを行ったのみですので、主治医のご判断での投薬で少し楽になったのでしょう。
 心臓病は不治の病です。どんなお薬でも直すことはできず、必ず命を奪います。ただ、お薬を飲むことによって症状が楽になったり寿命が長くなったりします。ちゃんと投薬をされていたので、そのぶん一緒にいられる時間も長くなったんだと思います。お薬の副作用でなくなったと書いてありますが、投薬をしなければ肺水腫などによって呼吸困難となりもっと早くに苦しんで亡くなっていたんだと思います。
 大きなものを失うと必ず後悔をしますが、これだけの期間しっかりと投薬してもらったということは、この子にとってとても幸せなことだったと思います。最終的には病気に勝てませんでしたが、もともと治る病気ではありません。しっかりと病気に立ち向かってここまで一緒に頑張ることができたんだと思います。ご自身を責められる必要は全くないと思います。
 心よりメイちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。 合掌

日時2020-09-19 15:30:20

「上下関係のために犬は甘やかしてはいけない」。こんなしつけ方は正しいのでしょうか? のべ10万頭以上の実績がある専門家が、最新のしつけ理論を動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: