イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

きら(質問主)


猫アイコン 猫 オス 雑種

体重:1.2kg

飼育歴:0年7ヶ月

居住地:京都府舞鶴市

飼育環境:屋外

数日前に、家の近くで動けなくなっている猫を見つけ、保護しました。翌日、病院に連れていくと、大腿骨が折れており、たぶん骨盤にもヒビが入っているだろうとのこと。生後三ヶ月の成長期なので、1ヶ月安静にして、骨が固まるのをみるとのこと。
その後ご飯を食べず、元気がなくなってきたので、抗生物質と皮下点滴をしてもらうことになりましたが、、
周囲から、レントゲンも撮らず、骨折・ヒビとの診断はありえない、動こうとする子猫の骨折を自然治癒というのもないといわれ、驚いています。
ベテランの獣医さんで、飼い犬もお世話になってきて信頼してますが、骨折なのにレントゲンを撮らないというのは、やはり考えられない診察なのでしょうか?
(レントゲンは撮りませんね、とは言われました。)
子猫も衰弱してきており、心配です。

日時2020-08-10 23:55:35

専門の獣医師からの回答

通常、骨折だとわかっても骨折の状況を確認するためにレントゲン検査は行います。
大腿骨骨折は折れた骨同士のズレが少ない、ヒビが入っているだけならば安静で自然治癒することもあります。ズレが大きくても時間が経てば治ることもありますが、痛みが長引く、治っても変形が生じるなどの問題が起こります。
骨盤骨折も自然治癒しますが、骨盤狭窄を生じると排便困難など後々問題が起こります。
いずれにせよ骨折の程度を把握し、安静のみで自然治癒が期待できるか確認した方が良いと思います。


日時2020-08-11 11:59:51

きら(質問主)


早々にありがとうございます。
信頼している獣医さんなので、間違いないと何の疑問も持っていませんでしたが、、
(野良猫だから、でしょうか。。)
かなり心配な状態ですが、「このまま見守るしかない」とも言われました。
やはり助かってほしいので、レントゲンを撮って診察してくれる別の病院で診断を仰ぐことにしました。
ご回答に、感謝いたします。

日時2020-08-11 13:29:13

猫の皮膚病は飼い主が気づくことが多い病気です。よくある事例や飼い主が気づけるポイントを、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸院長が動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: