イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

もち(質問主)


犬アイコン 犬 14歳 オス ラブラド-ル・レトリーバー

体重:不明

飼育歴:10年6ヶ月

居住地:鹿児島県霧島市

飼育環境:屋外

フィラリアに関しての質問なんですが、寄生されてしまった後に全て寄生虫を摘出したとしても心臓などに傷が残り長生きは出来ないと聞いたのですが、イヌIPs細胞などで治す事は不可能なんですか?

日時2020-07-31 18:01:32

専門の獣医師からの回答

フィラリアに感染すると心臓というより肺の血管がダメージを受けます。
フィラリアが寄生すると肺血管に炎症が生じたり、死んだフィラリア虫体が肺血管に梗塞を生じたりします。また、すべてのフィラリアを摘出することは不可能に近いですし、通常のフィラリア感染では摘出は行いません。(大静脈症候群と言って肺から心臓にフィラリアが移動した場合のみ摘出を行います。)
現在の状況がわかりませんが、心肺にダメージが少ないようでしたら治療を行うことで長期生存は可能です。残念ながらIPS細胞による治療は現時点ではありません。
感染しているようなら現在の心肺の状況を検査してもらい、早めに治療をされることをお勧めします。

日時2020-08-03 10:46:27

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: