イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

くむ(質問主)


犬アイコン 犬 10歳 オス チワワ

体重:3.4kg

飼育歴:10年2ヶ月

居住地:埼玉県三郷市

飼育環境:屋外

6月22日に日に心臓病の疑いあると言われ、6月24日に検査をしました。7月1日に検査結果がでました。
検査の結果心臓病以外にも病気が見つかりました。
胆泥症と膀胱結石です!
専用のフードを1ヶ月食べ結石が溶けるか調べると言われて心臓の薬と胆泥症の薬を貰いました!
それから1週間後ぐらいにオシッコが近くなったのと、少し赤茶ぽっいオシッコをしたので病院に連れていった所、膀胱に少し血が混ぜってるとの事でした!尿検査もし、結石は溶けてる様子はないみたいです。
結石は、手術した方がいいけど、なんせ、心臓病と年齢が…
普段痛がってる様子もなく、元気です!
このまま手術をしない方がいいのかした方が良いのか…?
担当の先生は、早めに手術した方がいいけどリスクを考え家族で相談して下さいとの事でした…

もしアドバイスなどありましたら宜しくお願いします。

日時2020-07-17 17:38:58

専門の獣医師からの回答

10歳で心臓病があるが膀胱結石の手術をするかどうかという質問ですね。
10歳という年齢は一般的に考えるとそこまで高齢というわけではないと思います。
心臓病に関しても今の心臓病がどの程度のものなのかによってリスクは変わってきます。
年齢、チワワという犬種からすると恐らく僧帽弁閉鎖不全症でしょうか?
僧帽弁閉鎖不全症はステージ分類があり、現在の状態がどのステージなのかによってリスクが異なります。
アメリカ内科学会の分類でステージB1までならばほぼ心臓病に伴うリスクはありません。ステージB2でも心拡大が顕著でなければリスクは低いです。ステージCならば手術は避けた方が良い場合が多いです。
上記の分類にもとずく判断はあくまで一般的な考えですので、獣医さんにこの子の全身状態、心臓病の程度を良く聞いたうえで判断して下さい。
膀胱結石があると血尿、膀胱炎を繰り返しますので、手術が可能ならば摘出した方が良いと思います。

日時2020-07-18 16:05:10

くむ(質問主)


お返事ありがとうございました!
10歳は、そこまでの高齢ではないんですね!
心臓のステージは、3~4との事でした…
出来るなら結石の方は、手術してあげたいと思います…
現在痛みなど出てなさそうなのですが今後痛みがでてからだと…

月曜日に病院で診察があるので心臓の状態を良く聞き考えてみたいと思います。

日時2020-07-18 19:20:03

「犬がしっぽを追いかけるのはストレスのサイン?」「犬のストレス解消には多頭飼いは有効?」こんな疑問はありませんか?犬のしつけの専門家が原因や対策を説明します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: