イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

むぎちゃん(質問主)


犬アイコン 犬 5歳 オス チワワ

体重:2.9kg

飼育歴:4年6ヶ月

居住地:茨城県古河市

飼育環境:室内

数日前におしっこが頻尿でポタポタしか出なかったため、かかりつけの病院を受診したところ膀胱に石が見つかりました。
抗生剤を服用していましたが、とても辛そうだったので摘出手術をお願いしました。
摘出し、頻尿などの症状は治まりました。
摘出した石の分析結果はシスチン100%でした。
医師の話では、シスチン結石は溶けることなく、また体質で出来やすいため予防のためにフードを変える必要があるとのことでした。
自分なりにネットで調べたところ、シスチン結石が出来る原因は遺伝子疾患で体質ではなく病気なのかと怖くなってしまいました。
医師からはヒルズの尿ケアu/dを与えるようにと言われましたが、こちらのフードを与えるでいいのでしょうか?また、予防はフードを変えるだけで大丈夫なのでしょうか?
また石が出来て苦しい思いをさせてしまうのではないかと不安です。
アドバイスをお願いします。

日時2020-07-15 00:06:50

専門の獣医師からの回答

 シスチン結石はシスチン尿症といって、遺伝的にシスチンというアミノ酸を尿細管で再吸収できない動物でみられます。シスチン尿症は遺伝的な疾患なので直すことはできませんが、幸い犬では結石ができやすいこと以外は特に問題起こすことは知られていません。よって結石が再発しないように注意すればいいわけですが、ではどう注意すればいいかというと、シスチンは尿が酸性になると結石になりやすいので、尿がアルカリ性になる食事(u/d)に変更します。また水分を多くとって、薄いおしっこをいっぱいするようにさせるのも効果的です。その他にシスチン結石を溶かす薬もありますが、副作用が全くない薬ではないので、できる限り投薬はなしで管理し、再発したら早めに摘出するのが一般的です。
 なおこの疾患は遺伝性疾患なので、子供は作らないようにしましょう。

日時2020-07-16 09:41:35

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: