イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

coco(質問主)


犬アイコン 犬 13歳 メス フレンチブルドック

体重:10.3kg

飼育歴:12年4ヶ月

居住地:千葉県八街市

飼育環境:室内

12歳半のフレンチブルドック雌です。

先週の土曜日に食べたものを吐くことが2回続き、眼振とふらつきがあり受診しました。

突発性前庭疾患と言われ、吐き気止めとステロイド注射、皮下点滴を行いました。翌日は少し良くなり通院で前日と同じ処置、3日目も食欲も出てきて同様の処置をしてもらい帰宅しました。

ですが、その日の夜に痙攣を起こし、翌日受診。ダイアップをもらいましが、その日の夜も痙攣発作。すぐにダイアップを入れて発作はおさまりました。

その後はステロイドとゾニサミド、グリセロールで2日間発作は出ていません。

質問です。
前庭疾患の症状では垂直の眼振は見られず、水平と回転がありました。症状は良くなり眼振も減ってきたところでてんかん様発作がありました。

痙攣発作があった場合は、中枢性の前庭疾患と考えるのが妥当でしょうか?抹消性ではそもそも痙攣発作はありませんか?
また、薬の効果なのか前庭疾患の症状は落ち着いてきているのですが、症状が落ち着いていたとしても痙攣が出たということは中枢の疾患は否定出来ないと考えるべきですか。

よろしくお願い致します。

日時2020-06-26 00:48:54

専門の獣医師からの回答

通常、てんかん発作は大脳皮質を原因とする症状です。このため、前庭疾患と大脳障害を独立に考える必要がありそうです。そもそも、てんかん発作は脳からの症状なのでしょうか?たとえば、心臓疾患や血液検査での異常(低カルシウムや低血糖、アンモニアの上昇など)はありませんでしたか?
とすると、年齢と犬種も考慮して、また詳細な神経学的検査に基づき、脳のMRIを撮影するのが必要かもしれません。これらについて、主治医の先生ともう一度よくご相談ください。

日時2020-06-27 18:42:27

高齢犬はどのような動きをするのか、実際の映像をまじえながら解説します。犬の行動を観察するコツをつかみ、早期発見につなげましょう。ヤマザキ動物看護大学准教授の茂木千恵先生が解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: