イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

クーたん(質問主)


犬アイコン 犬 9歳 オス トイ・マンチェスター・テリア

体重:5.4kg

飼育歴:9年3ヶ月

居住地:神奈川県大和市

飼育環境:室内

3月前に白内障の診断を受けましたが何も処置する事無く過ごし、10日前に左目の周りが炎症を起こして診察を受けました。その時は眼圧は上がっておらず。ビグラマイシンとサンテゾーン0.05%眼軟膏を貰いました。10日経ったので診察してもらいましたが、あまり変わりがなく目の周りが炎症のままで受診をした結果、眼圧が上がり水晶体脱臼と診断され、緊急手術をした方が良いと言われました。このままだと眼圧が上がって緑内障になる危険性があるそうです。
すぐに手術をした方が良いのでしょうか?

日時2020-06-11 18:14:58

専門の獣医師からの回答

回答させていただきます。

水晶体脱臼の程度や場所によって、治療方法や緊急性の有無は異なりますので、何とも言えませんが、緊急手術とのことですので、おそらく前房脱臼または瞳孔ブロックと推測いたします。その場合は、痛みの管理という目的でも手術が薦められるパターンですので、飼い主様の同意が得られれば外科手術が適切です。
水晶体脱臼の手術をされる先生であれば、眼科には精通されておられるはずですので、説明があると思いますが、水晶体脱臼の手術が成功しても、今後緑内障に移行するリスクはあります(しかも確率は結構高いです)。その理由は、目の中で仕切りとして、役立っている水晶体がなくなるためです。よって、術後の定期検診や目薬など、管理は必要となるでしょう。また、こちらも説明があったとは思いますが、今なっていない方の目にも、脱臼が発症することが多いです。それは、水晶体脱臼が、犬種や遺伝など当人の問題だからです。

ご参考なれば幸いです。

日時2020-06-14 15:26:13

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: