イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

りりぃ(質問主)


犬アイコン 犬 メス 雑種

体重:0.9kg

飼育歴:0年1ヶ月

居住地:大阪府大阪狭山市

飼育環境:室内

1カ月ほど前から、まぶたに出来物があり。
病院に行った結果、ものもらいと言われましたが悪化していき、いまでは両目瞼が腫れ上がりました。セカンドオピニオンに行きました。
免疫介在症といわれ、ステロイド、抗生物質、免疫抑制の軟膏をそれぞれ重ね塗りをしています。改善はまったく見られません。数日前から口周りも腫れてきました。
現在の病院では、生後6カ月になるまで現状の治療維持と言われました。
他に手がないのか、だれか教えてください。

日時2020-05-29 09:26:55

専門の獣医師からの回答

写真を見せて頂くとかなり重度な皮膚病変が出ていますね。
診断名は何という疾患と言われていますでしょうか。
1ヵ月齢という若齢での発症でこのように口唇に強い皮膚病変を伴うものとして「若年齢フレグモーネ(蜂窩織炎)」というのがありますが、そのような診断名でしょうか。
いずれにしても治療方針に関しましては主治医の先生と相談されるべきだと思いますが、外用薬で改善がない場合は内服薬も併用することもあります。
もう一度主治医の先生と相談されては如何でしょうか。

日時2020-06-03 22:38:49

「上下関係のために犬は甘やかしてはいけない」。こんなしつけ方は正しいのでしょうか? のべ10万頭以上の実績がある専門家が、最新のしつけ理論を動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: