イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

マルク(質問主)


犬アイコン 犬 13歳 メス 柴

体重:12kg

飼育歴:1年5ヶ月

居住地:秋田県秋田市

飼育環境:室内

 うちの柴犬は鼻に腫瘍があります。高齢なので緩和的な治療を行っています。最近、鼻の通りが悪くなって来たのですが、口呼吸がうまくできないようです。起きている時は口呼吸しています。しかし、寝落ちすると、鼻が通らないため、息がつまってすぐに起きてしまいます。人で言う睡眠時無呼吸症候群のような状態です。このまま息がつまり死んでしまいそうで心配です。

質問なのですが、犬は、今後の学習で、睡眠時に口呼吸で眠れるようになるのでしょうか?

日時2020-05-18 11:46:13

専門の獣医師からの回答

 鼻で呼吸がしづらい時に口で呼吸をするという行為は、自然に行われるもので、学習で得られるものではないと思われます。息苦しさで熟睡できないようでしたら、濃い濃度の酸素を吸わせることで、少しは楽になるかもしれません。酸素ハウスをレンタルしている会社もありますので、利用可能かどうかにつきましては、主治医の先生にお尋ねください。

日時2020-05-20 00:11:41

「上下関係のために犬は甘やかしてはいけない」。こんなしつけ方は正しいのでしょうか? のべ10万頭以上の実績がある専門家が、最新のしつけ理論を動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: