イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

mi(質問主)


犬アイコン 犬 2歳 オス フレンチブルドック

体重:12kg

飼育歴:1年3ヶ月

居住地:東京都練馬区

飼育環境:室内

まだパピーの頃から手足を噛んだり全身を掻いたりしていたのですが、1歳を少し過ぎたあたりから酷くなり手足を噛む、お腹のぽつぽつ、口周り特に頬、全身を痒がります。
2件病院に行き膿皮症と言われたりアレルギー、アトピーがある可能性が高いということでした。抗生物質もステロイドも効かずで、アレルギー検査をしたところ食物、植物アレルギーとアトピーでした。今療養食のアミノペプチドフォーミュラを食べさせています。
まだまだ全身を痒がりますが多少手足を噛むのは少なくなったかな?と思います。エリザベスカラーをつけているからというのもあると思いますが。
ですが最近頬を激しくかいてしまい出血を伴うほどです。両頬ですが特に左頬で、前までは顎を頻繁にかいていたと思います。エリザベスカラーのせいか首周りの皮膚が赤く見ていて可哀想です。
アミノペプチドフォーミュラを3ヶ月ほど食べさせても改善されなければアトピーが強く出ているから、そしたらアトピーの治療をしようと言われてます。
知り合いは割とすぐにアトピーと診断されたりしているのにうちだけ原因や治療が曖昧な気がして不安になりました。もう少し皮膚病に詳しい病院に行った方が良いのでしょうか?

酷かった時の手指と頬の写真貼ります。

日時2020-05-16 10:21:50

専門の獣医師からの回答

 結論から言いますと、現在の診断、治療に納得されていないようなので専門医をセカンドオピニオンとして受診されることをお奨めします。
 実際に診察した訳ではありませんので一般的なことを言わせて頂きますと、フレンチブルドックは食物アレルギーが非常に多い犬種です。そのため、1歳未満でアレルギー性皮膚炎の症状が出て、特に顔面、足先に症状が出ます。またアレルギー性皮膚炎の症状に加えて、膿皮症も発症しやすく治りにくいまたは再発しやすい犬種だと思います。また環境アレルゲンにも反応するアトピー性皮膚炎を併発することも多くあり、私個人的には遺伝的に皮膚の免疫バランスにも異常があるのではないかと思っています。そのような他因子が病態を複雑にし、治療の反応を悪くしているのではないかと思っています。

日時2020-05-21 23:39:25

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: