イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

ティアラ(質問主)


犬アイコン 犬 11歳 メス ミニチュアダックスフンド

体重:4.8kg

飼育歴:11年2ヶ月

居住地:鳥取県鳥取市

飼育環境:室内

3年くらい前に胸にしこりが見つかり、その時に診察してもらったところ、悪性か良性か分からず様子を見ることになりました。3年たった今しこりが大きくなりはじめ現在3センチほどの腫瘍になっています。しこりは硬くボコボコしています。獣医さんからは、年齢的なことを考えたらそのまま様子を見るのでもいいのでは、と言われているのですが、これ以上大きくなることを考えると生活に支障をきたしてくるのではと感じています。手術をするなら、しこりのある側の乳腺を全部取ることをおすすめすると言われました。11歳の年齢で、あまり運動もしてない子ですが、体調良く元気です。しこりだけとるという手術は可能なのでしょうか。

日時2020-05-13 20:49:20

専門の獣医師からの回答

 ご投稿頂いた文面より、担当の獣医師は乳腺腫瘍を疑っておられるようなので、皮下腫瘤が乳腺腫瘍であるという前提でお話しさせて頂きます。
乳腺腫瘍には良性と悪性があり、一般的にその確率は半々と考えられています。乳腺腫瘍の治療は外科手術が第一選択になります。外科手術の1番の目的は、乳腺腫瘍を取り切ることです。乳腺の片側全切除は、残存した乳腺に新たな乳腺腫瘍が出来ることを防ぐために行う術式であるため、必ず実施しなければならない訳ではありません。犬の状態(年齢、別の疾患の有無など)、腫瘍の大きさ、分布状態などにより、単乳腺切除(しこりのみの切除)を術式として選択する場合もあります。乳腺腫瘍が取り切れたかどうか、悪性か良性かにつきましては、術後に病理組織学的検査を行うことで、明らかとなります。
乳腺腫瘍が3年前と比べて大きくなっており、現在3cmぐらいの大きさということでしたら、麻酔リスクや転移の有無を調べて、手術適応と判断された場合は、早期の手術をお勧め致します。

日時2020-05-16 00:08:46

「上下関係のために犬は甘やかしてはいけない」。こんなしつけ方は正しいのでしょうか? のべ10万頭以上の実績がある専門家が、最新のしつけ理論を動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: