イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

moko(質問主)


犬アイコン 犬 2歳 オス プードル(トイプードル)

体重:4.5kg

飼育歴:2年3ヶ月

居住地:神奈川県川崎市中原区

飼育環境:室内

停留睾丸で2週間前に手術をしました。先生曰く、お腹に脂肪がややついていて、縫いにくい箇所があったが、手術は成功したとのことでした。
1週間後抜糸の際、皮下はくっついていましたが、部分的に表皮が上手くくっついておらず、重なってしまった部分があるとのことでした。そこは見た目も赤く、ほかの部分よりも少し光沢があるようにみえました。そこで、その場で表面麻酔、一部切開、縫い直しをしました。
また1週間経ち、再度抜糸をし、病院でみたところ、5ミリ位前回と同じく赤い部分がありましたが、時間とともによくなるとのことで帰宅してきました。
しかし帰宅してすぐ傷口をみると赤い部分が二箇所あり、どちらも1センチくらいに広がっていました。
①この傷は自然治癒していくものなのでしょうか?もし放っておいた場合ケロイドなど悪化することはありませんか?②それともケロイド予防絆創膏のようなものを貼ったほうが良いでしょうか?③再度切開などの必要がありますか?
④心配しすぎかもしれませんが、内臓の方の傷口も心配になってきてしまっています。今後予後観察で気をつけた方がよいことがありましたら、こちらのアドバイスも頂けましたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

日時2020-04-29 17:52:38

専門の獣医師からの回答

中の傷はわかりませんが、皮膚はそのうち治ります。そう心配はないと思います。ただし、エリザベスカラーをして舐めないようにしないといけません,

日時2020-05-01 13:00:08

「上下関係のために犬は甘やかしてはいけない」。こんなしつけ方は正しいのでしょうか? のべ10万頭以上の実績がある専門家が、最新のしつけ理論を動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: