イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

花*音(質問主)


犬アイコン 犬 1歳 メス プードル(トイプードル)

体重:3.9kg

飼育歴:0年6ヶ月

居住地:青森県八戸市

飼育環境:室内

右後ろ足を時々上げて歩くことがあります。
少し時間が経てば普通に歩きます。
その事をかかりつけの病院で話したところ、先生は手で関節を外し、関節が外れやすいから手術した方がいいと言いました。酷くなってからでは手術する自分が大変だからと。今は1週間に1度あるかないかの頻度で片足をあげるのですが、手術が必要なのでしょうか?
必要でない手術をして体に負担をかけたくないし痛い思いもさせたくありません。

日時2020-04-24 21:37:36

専門の獣医師からの回答

犬種、内容からすると恐らく膝蓋骨脱臼ですね。
この病気は小型犬に多く見られます。
グレードが4段階あり、一般的に手術適応となるのはグレード3以上です。
この子の場合、若いのに臨床症状がでているので手術をした方が良いと思います。
成長期ですので骨の変形などがでてくると手術は複雑になります。
悪化すると肢の変形し、痛みも慢性的になります。
文面では正確なグレードまでは解りませんが、主治医の先生とよく相談されることをお勧めします。

日時2020-04-27 12:18:47

「上下関係のために犬は甘やかしてはいけない」。こんなしつけ方は正しいのでしょうか? のべ10万頭以上の実績がある専門家が、最新のしつけ理論を動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: