イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

ちゅま(質問主)


犬アイコン 犬 メス ポメラニアン

体重:1.1kg

飼育歴:0年1ヶ月

居住地:兵庫県姫路市

飼育環境:室内

子犬の先天性尿崩症について教えてください。
以前、子犬の多飲多尿を相談させて頂きました、生後約3ヶ月のポメラニアン(現在1.1kg)です。
食欲旺盛、快便、元気いっぱいです。

24時間に400〜500ml飲んでおり尿検査をしたところ比重が薄く、血液検査やエコー検査で異常がないため心因性か、副腎や甲状腺のホルモン異常、もしくは尿崩症を疑うよう言われました。
ここ数日、飲水量がさらに増えたため再度受診したのですが、先生が頭を抱えてしまいました。

「まだ3ヶ月の子犬が心因性の多飲多尿、しかも一時的でなく1ヶ月近く続くというのは考えにくい。ホルモン異常も子犬の症例は見たことがない。先天性の尿崩症というものがあるにはあるそうだから、もしかしたらそうかもしれない。」
とのことでした。
大きい病院でしたので、一度ほかの先生の意見も聞いてきますと言われ待ちましたが結論は同じでした。

まだ体が小さく、これ以上の検査ができません。とにかく脱水に注意しながら体格よく育てて下さいと言われ帰ってきました。

MRI等を受けられる体格になるまで待つとなると、まだまだ先になってしまいます。とても不安です。

尿崩症だった場合、脱水以外でなにか重篤な症状が出ることはありますか?
日常で気を付けてあげられる点があれば教えてください。
また、治療に取りかかるのが遅れることでどのようなリスクがあるのかもお教えいただけますと幸いです。

どうぞよろしくお願い致します。

日時2020-04-12 15:07:06

専門の獣医師からの回答

愛犬が尿崩症かもしれないと仮診断されているとのこと、ご心配のことかと思います。尿崩症は非常に稀な病気であり、その他の多飲多尿を示す疾患を完全に除外してから検討するべき病気です。以前は水制限試験をすることが多かったのですが、現在は検査の負担等を考慮して高い濃度の食塩水を点滴してある種のホルモン値を調べる方法や酢酸デスモプレシンを点眼して、尿が濃くなるかどうかを調べる方法などがあります。尿崩症がある場合も脱水させなければ直ちに体調を崩すことはありませんが、水を飲む行動のために食餌に問題が出てきたら発育不良になっていく可能性もあるかと思います。愛犬の病気が快方に向かうことをお祈りしております。

日時2020-04-13 19:02:50

「上下関係のために犬は甘やかしてはいけない」。こんなしつけ方は正しいのでしょうか? のべ10万頭以上の実績がある専門家が、最新のしつけ理論を動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: