イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

美幸(質問主)


猫アイコン 猫 15歳 オス 雑種

体重:5kg

飼育歴:15年3ヶ月

居住地:大阪府八尾市

飼育環境:室内

今年の2月の初め頃に左首が腫れており、瞳孔差が出ていたので、いつもの病院が休診日だった為、別の病院に連れて行き診てもらい、腫れていた部分を針生検で検査してもらいました。その時血が溜まっていたようで抜いてもらい、後日検査結果を聞きましたが原因が分からず、いつもの病院にかかりました。その場で細胞診をしてもらい、また後日結果を聞きに行きましたが、もっと奥の細胞を取ってくださいと返事が来たようで、全身麻酔か鎮静剤をかけて細胞診してもらいましたが、血の塊しか取れず別の場所からアプローチしてみても同じように血の塊や血がすごく出たようで、これ以上奥まで進めてしまうと危ないと判断され、結局この腫れが何か分からずに帰宅しました。縫った場所を診てもらいに後日病院に行き、その時ホルモン検査をしてもらい3月初旬に甲状腺亢進症と判明し、y/dをいただきました。病院の先生は甲状腺癌ではないかと疑っていましたが、猫の甲状腺癌は殆ど症例がないと聞きました。外注の病理?の先生にも聞いてくれたようで、その先生はリンパ腫の再発ではないかとの事で意見が分かれてしまいました。(5年ほど前にリンパ腫が見つかり、1年間抗がん剤治療とステロイド治療をし、寛解まで頑張ってくれ、その後再発は1度もしていませんでした。)それからは亢進症の治療でy/dのみ食べさせていましたが、3月25日に首の腫れが紫色になっていて、瞳孔差がまた出ていたので、慌てて病院へ連れて行きました。瞳孔差が出ると言う事は腫瘍が脳まで進んでいる可能性があると言われ、CTを撮って手術するか、ステロイド治療をするかと言われ、とりあえずステロイドの注射を2日、粉薬を5日間飲ませましたが、今現在、左目の開きも悪く、腫れも大きくなっており、左目の瞬膜が戻らず目を閉じた状態です。腫瘍も紫から赤の斑のようになっており、右側にも少し腫れが出てきました。寝ている時も、元々肥満で8kg程あり、昔からいびきはかくのですが、ここ数日音が大きくなってきており、少し息がしづらそうです。何の病気なのか結局分からずここに相談しました。どういう病気が疑われますか?抗がん剤は効かないのでしょうか?手術しか他の治療法はないのでしょうか?今日病院の日なので連れて行きますが、ここの先生方の意見も聞きたいです。長文で読みにくく質問ばかりで申し訳ないです。写真は4月4日の物です。よろしくお願いします。

日時2020-04-04 04:59:44

専門の獣医師からの回答

限られた情報内での回答であることをご理解ください。
頸部に腫瘤が認められた場合、甲状腺腫瘍、上皮小体腫瘍、頸動脈小体腫瘍、唾液腺病変、リンパ節病変などが鑑別の対象になると思われます。今回、頸部腫瘤の細胞診で血液しか採取されなかったことを踏まえると、甲状腺癌の可能性が高いと思われます。甲状腺癌は甲状腺機能亢進症の原因としては、まれであるとされていますが、甲状腺癌の個体に甲状腺機能亢進症が認められること自体に矛盾はないと思われます。血液が貯留している腫瘍では、針吸引生検で血液しか採取されない場合もあると思われますが、その場合は超音波ガイド下で血流が豊富な場所や液体貯留部位を避けて穿刺することにより、目的とする細胞が採取できる場合もあります。細胞診で診断が困難な場合、診断の確定には手術で摘出した腫瘍の病理組織学的検査が必要となります。リンパ腫につきましては、リンパ節の針吸引生検では、原因(炎症や腫瘍)に係わらず血液しか採取されないという現象は、通常は起こらないため、可能性は低いと思われます。
現在、頸部腫瘤が大きくなっており、出血傾向や呼吸障害が疑われるようでしたら、緊急性があるため、積極的な治療が必要かもしれません。もし、甲状腺癌であった場合は、外科手術が第一選択(化学療法は外科手術後の補助療法という位置づけ)となりますので、全身状態や麻酔リスクの評価を行い、獣医師が手術適応であると判断し、飼い主様も納得された場合には、早期の手術をお勧め致します。

日時2020-04-07 00:27:28

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: