イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

ちゅま(質問主)


犬アイコン 犬 メス ポメラニアン

体重:0.8kg

飼育歴:0年0ヶ月

居住地:兵庫県姫路市

飼育環境:室内

子犬が多飲多尿です。
生後2ヶ月のポメラニアンの女の子で、食欲旺盛、快便、遊ぶ時も全力で元気いっぱいに見えます。

家にお迎えして1週間ほどで多飲多尿の症状に気づき、動物病院で診ていただいたところ尿の比重が低い(薄い)、pHがアルカリに寄り気味、と説明を受けました。
「まだ体の小さな子なので血液検査は負担が大きい。前述の異常は膀胱炎でも見られるのでまずは抗生剤を2週間飲ませて様子を見て、数値が基準に戻らなければ病気を疑わなくてはならないので血液検査をしましょう。」と言われ、朝晩、抗生剤を飲ませています。
しかし1週間近く経っても多尿は全く変わらず、お水を飲む量に関しては日に日に増えています。
受診時は日に250mlほどだったのですが昨日今日は500ml近く飲んでいます。
このまま言われた通り、もう1週間お薬で様子を見るべきなのかもしれませんが不安で仕方がありません。

①本当に膀胱炎だった場合、抗生剤が合っていない等の理由で効きが悪かったり、多飲多尿が悪化することがあるのでしょうか?

②もしも膀胱炎ではなく腎機能による多飲多尿だった場合、生後2ヶ月の子犬で考えられる病気にはどんなものがありますか?

上記二点を教えていただきたいです。

もし腎臓系の病気の恐れがあり、早期発見が治療に繋がるのであればすぐにでも病院で血液検査をお願いしたいと思ってます。
長くなってすみません。
ご回答いただけますと幸いです。

日時2020-03-28 14:43:01

専門の獣医師からの回答

2ヶ月の仔犬が多飲多尿の症状とのこと、ご心配の事かと思います。多飲多尿は質問主様の言われるように腎機能低下で生じることもありますが、その他にも様々な要因で生じます。糖尿病や副腎皮質機能亢進症などホルモンの異常、尿崩症などがあります。また、心因性多渇と言って精神的なストレスで生じることもあります。ご質問の内容ですが、膀胱炎が多飲多尿の原因となることはあまり一般的ではないように思います。また、前述したように多飲多尿の原因は腎機能低下だけが原因とは限りませんので様々な要因が考えられます。仔犬における腎機能低下や糖尿病は稀ですが、完全には否定できませんので、早目に血液検査を実施することをお勧めいたします。

日時2020-03-31 00:29:35

ちゅま(質問主)


症状の改善が全くないことから、再度病院を受診し血液検査とエコー検査をしていただきました。
腎臓や肝臓に関わる数値に異常はなく、エコーでも臓器の大きさに問題はなかったそうです。

ホルモン検査や尿崩症検査は病院にお預けしての検査になり、月齢的に負担も大きいため、多飲多尿の症状のみであれば成長を待ちながらもう少し経過を見た方が良いと言われました。
今後は2週間ごとに尿検査をしていただき、数値に異常がないかチェックしながら成長を見守っていきます。

様々な要因が考えられるとアドバイスをいただいて血液検査を受けたおかげで腎不全や糖尿病の可能性を除外でき、少し前進できて安心しました。
本当にありがとうございました。

今後また何かありましたら、よろしくお願い致します。

日時2020-04-01 21:22:08

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: