イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

ガッツ(質問主)


猫アイコン 猫 17歳 メス 雑種

体重:不明

飼育歴:0年2ヶ月

居住地:山口県下関市

飼育環境:室内

2週間ほど前から通常のご飯は食べず、やわらかいものを与えると食べるが、痛いのか起こったり、不可解な動きをする。
狂暴な性格のため、巻き爪などの爪処理を行うにも麻酔をかけていたが、かかりつけの医師に、この子はもう、麻酔はかけれません。っと言われました。
直接の診察は困難と思いますので、考えられる原因で薬などでの対応は無理でしょうか?(ネットで調べると口内炎の症状に近いと思います)

日時2020-03-23 19:51:51

専門の獣医師からの回答

猫の歯肉口内炎であれば外科的に犬歯から後ろのすべての臼歯、もしくは、すべての歯を抜歯することにより多くは治癒に向かいます。完治も期待できますが、完治しなくても症状が軽減することがほとんです。生まれつき性格が狂暴の猫もいますが、猫の歯肉口内炎の場合、口腔内がとても痛いために触られるのに過敏となり、性格が狂暴となる個体も少なくありません。このような猫に上記の外科的治療によって口腔内の痛みが減少して性格が穏やかになる猫もいます。以上、猫の歯肉口内炎の場合、内服や外用薬などの薬では治らないことが分かっていますので早めに外科的に治療してあげてください。事前に健康状態をチェックして麻酔がかけられる状態であれば問題なく麻酔して治療可能です。ただし、治療の最中に抜歯すべき歯を少しでも残してしまった場合は歯肉口内炎は治りませんので歯科疾患を多く診ている動物病院で実施してください。

日時2020-03-30 19:16:54

ネコヘルペスウイルスやネコカリシウイルスといった病原体によって症状は異なります。猫風邪の予防となるワクチンについて、猫専門病院の服部幸先生が詳しく解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: