イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

ぽこもも(質問主)


犬アイコン 犬 9歳 メス 雑種

体重:5.5kg

飼育歴:7年10ヶ月

居住地:愛知県春日井市

飼育環境:室内

初めまして。ポメプー♀、9歳避妊手術済です。元気で食欲あり。ウンチも良好です。
2月中旬にみつけた背中に出来た小さなしこりが肥満細胞腫の疑いで3月3日に摘出手術をしました。1センチほどでした。
腫瘍は取り切れ

て転移も今のところはないようですが、グレート2から3と診断されました。
手術の時にエコー検査で胆泥症と脾臓に1センチぐらいのものが見つかりました。
それから2週間後に再度経過でエコー検査したところ、脾臓のカゲは大きさは変わらず、1センチほどのものがありましたが、腫瘍なのか血栓なのか?わるいものなのか?
切って検査しないと分からないとの事でした。
リンパへの転移もなさそうと診断されたのですが、この場合
肥満細胞腫の可能性は高いのでしょうか?
抜糸したばかりで
また脾臓摘出の手術をするべきなのか分かりません。
手術を決断する前にCT検査の提案もされましたが
何度も全身麻酔をかけても、結局切らないと分からない。とゆう事になるなら
手術をしたほうが良いのでしょうか?
抗がん剤使用するにあたっての細胞検査の結果はまだ1週間ほどかかるようですが
この先抗がん剤治療が長く続くようなら、経済的なことも心配です。
出来る限りの事はしてあげたいですが、延命ではなく
最後まで犬らしく過ごせる治療を最優先に考え
弱ってしまうような強い辛い治療まではさせたくありません。
支離滅裂な文章で申し訳ありません。
良いことでも悪いことでも、何かご意見をして頂けたら嬉しいです。
よろしくお願いいたします

日時2020-03-18 23:47:15

専門の獣医師からの回答

 まずは病理検査の結果を待ってからですね。ただ、この腫瘍は細胞診でも特徴的な所見を持っていますので、細胞診で肥満細胞腫と診断されたのであれば病理検査で同じ検査結果が出る可能性が高いと思われます。
 脾臓のしこりが何なのかは、この文章だけではわかりません。腫瘍は1つとは限りませんので、違う腫瘍が見つかったのかもしれませんし、脾臓なので良性の過形成のようなものかもしれません。いずれにせよ検査が必要です。犬の性格がわかりませんが、おとなしい子であれば、最新のCTであれば無麻酔で撮影できる施設もありますので、担当の先生に聞いてみてください。それか、麻酔を何度もかけるのが怖いというのであれば、麻酔をかけてCT検査を行い、その結果に応じでそのまま手術という方法もあります。1回の麻酔で済みます。
 肥満細胞腫は、命を奪う悪性腫瘍です。取りきれたかどうかも、病理検査で大体のことがわかりますので、それも参考にされた方がいいでしょう。抗がん剤も飲ませるものもありますので、担当の先生にどんな抗がん剤の種類、その投与間隔、副作用、効果、そして費用をまず聞かれるべきです。その話を聞いてから、抗がん剤を使用するかしないかをご判断されてはいかがでしょうか。また、抗がん剤が必要のない良性の腫瘍であれば、この度の手術で皮膚の腫瘍に関しては完治ですので、脾臓の病変のことだけにになります。

日時2020-03-23 11:11:49

「上下関係のために犬は甘やかしてはいけない」。こんなしつけ方は正しいのでしょうか? のべ10万頭以上の実績がある専門家が、最新のしつけ理論を動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: