イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

すず(質問主)


猫アイコン 猫 13歳 オス 雑種

体重:5.8kg

飼育歴:0年1ヶ月

居住地:群馬県高崎市

飼育環境:屋外

猫が気づいたらこたつで寝ている事が多くなりました。歳をとったし寒いからかなと思っていたのですが、1日に1、2回咳をするようになり1月10日病院へ連れて行きました。レントゲンは問題なく、風邪だという事でネブライザーを2日おきに3回通いました。全く咳をしなくなったのですが、今度はくしゃみをするようになったので1月31日病院へ連れて行きました。この頃から黒い目やにが多くなりました。この日と次の日にインターフェロン注射をしてもらったら5歳くらい若返ったかのように元気になりました。ホッとしていたのですが2月25日からご飯も食べず水も飲みません。元気がないですが他に症状はありません。目ヤニくらいです。こんな事は始めてで今まではよく食べ水も飲んでいました。2月28日の今日、病院へ連れて行き血液検査をしたのですが問題なく、風邪が残っているのかもしれないと言う事でインターフェロン注射、皮下点滴をしてもらいました。体重は25日前より400グラム減っていました。夜には鳴くようになり少し元気になったようにも見えます。水は飲んでくれませんが、ご飯を食べたいようでいつもご飯を食べている場所に何度も行きます。でもあげても食べず1度少し食べましたが吐いてしました。生まれつき心臓に穴が空いているのでファルプリルを13年間飲んでいます。心臓は横ばいとの事でした。風邪の他に原因があるのではないかと心配です。よろしくお願いします。

日時2020-02-28 21:36:29

専門の獣医師からの回答

 猫の風邪(鼻気管炎)も落ち着き、レントゲンでも異常ないとのこと。血液検査ではクレアチニンが高いので、それが悪化した可能性もありますが、つい先日の血液検査ですからその可能性的には高くないと思われます。クレアチニンやBUNが上昇すると腎臓病です。
 あと、他の病気で記載があるのは、心臓に穴が開いているということですが、何の病気でしょうか?。心房中隔欠損や心室中隔欠損が一般的ですが、これらの病気の末期は肺高血圧を伴ったアイゼンメンジャー症候群という病態です。心臓が横ばいとありますが、心臓のエコー検査をされてのことでしょうか? アイゼンメンジャー症候群になっていれば、この薬では力不足です。
それ以外の病気はこの記述からは想像の域をでません。担当の先生に診てもらうしかありません。
 ちなみに、ファルプリルは人体薬です。人体薬しかないお薬なら仕方ないですが、動物薬は別にちゃんとありますので、できればそちらの方がいいでしょう。

日時2020-03-02 16:40:43

すず(質問主)


回答ありがとうございます。アイゼンメンジャー症候群というのはレントゲンでは分からないということでしょうか?エコーはしていません。

日時2020-03-02 17:45:18

 肺血管の陰影の変化や心拡大などがレントゲンで見られますが、診断は心エコー検査で行います。
 心臓に穴があいているというのは診断名ではありませんので、
確定診断名を教えてもらって、念のために心エコー検査で今の心臓の状況を診てもらった方がいいと思います。
 可能性の1つを書いたのみですので、アイゼンメンジャー症候群と言っているわけではありませんので誤解されませんように。

日時2020-03-02 18:06:50

すず(質問主)


分かりました。可能性ということを頭にいれて先生に確認したいと思います。専門の方のお話を聞けて勉強になりました。ありがとうございました。

日時2020-03-02 20:16:11

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: