イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

さぬ(質問主)


猫アイコン 猫 1歳 オス 雑種

体重:2.0kg

飼育歴:0年2ヶ月

居住地:福岡県北九州市門司区

飼育環境:室内

常に両目から涙が出ているような状態で、いつも鼻の横まで湿っています。

保護団体から引き取った12月末の時点では、複数猫や犬との共同生活による不衛生な環境のためか目脂が多く瞬膜が充血し、完全に左目が潰れていて、引取後に猫風邪の治療も兼ねて点眼薬による治療を行ってきました。
現在は服薬はしていません。
風邪の症状は概ね快復し目脂も収まったものの、左目だけはずっと涙っぽく濡れた状態が続いており、現在まで収まる様子がありません。
それがここ3日ほどで左目だけでなく右目にも涙が溜まるようになりました。当猫も気持ちが悪いのかしばしば鼻を前脚で擦るような仕草を見せます。

同じ日に同施設から引き取ったサビ猫のおこげは左目にねばっこい目脂と涙が(量は減ったものの)出続けており、2匹とも鼻が詰まったような呼吸音と時折激しいくしゃみをするので、伝染性の可能性も考慮すると隔離すべきか悩んでいます。

かかりつけの獣医さんは猫風邪を拗らせていると言うばかりで詳細な検査をしてくれません。
食欲は十分にあり、よく動き回って遊ぶので体調不良はなさそうですが、心配です。

日時2020-02-15 18:22:05

専門の獣医師からの回答

内容を拝見いたしました。1歳の雄ネコの体重が2㎏は、非常に痩せていると思います。施設から引き取られた時点から、くしゃみなどの上気道の症状や、眼脂や結膜充血などの眼の症状があり、現在は上気道の症状より主に眼の症状が主であることから、クラミジア(細菌)感染症が疑われます。クラミジアは、キノロン(抗生剤の種類)系の点眼薬に効果がありますので主治医とご相談され点眼薬の変更も選択肢にあるかと思います。また栄養状態を改善して体力をつけることも必要と考えます。

日時2020-02-18 15:39:37

「うちの猫が下部尿路疾患と診断されたけど、いったいどんな病気?」 猫専門病院・東京猫医療センターの服部幸院長が注意したいサインを解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: