イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

こぱんだ(質問主)


猫アイコン 猫 2歳 メス ブリティッシュショートヘア

体重:4.8kg

飼育歴:1年4ヶ月

居住地:大阪府柏原市

飼育環境:室内

現在1歳半、生後7ヶ月頃から腸管リンパの腫れで定期的に腹部エコーをしてもらっています。
先月左の腎臓に石が1つあるのがわかりました。その後2回尿検査をしたのですが特に問題なく石の種類を特定できずにいます。フードは尿路疾患用のではなく今のままでいいと言われたのですが、せめて療法食ではないフードで「下部尿路の健康維持に配慮した…」と書かれているものにするべきか悩んでいます。phコントロールのフードを一種類ネットで購入したところ「シュウ酸カルシウムには適していません」と小さく書かれていました。そのようなフードはどちらかというとストルバイトに対して配慮されているのでしょうか?
ストルバイトかシュウ酸カルシウムかわからない今はやはり今までのフードで様子見でいいかアドバイスいただけるとありがたいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

日時2020-02-09 09:06:56

専門の獣医師からの回答

腹部エコーで左の腎臓に結石が認められたのですね。
エコーだけでなく、もし腹部レントゲン検査で腎臓の結石が認められるようであれば、あくまで推測ですが、エックス線不透過性(レントゲンで白く写りやすい)の程度からシュウ酸カルシウム結石の可能性があるかも知れません。
もしも1歳半で既にレントゲンに写る結石が認められるのであれば、今後のことを考えると療法食とお水だけにされたほうが少しでも安心ではないでしょうか。
これまで腹部エコー検査だけでレントゲンまでは撮っておられないようでしたら、一度レントゲンを撮ってみることをかかりつけ医に相談してみられては如何でしょうか。そして、レントゲン写真では認められないとなると、まだ暫くは療法食までは必要ないかも知れませんが、その場合は何度か定期的(半年ごとなど)に腹部レントゲン検査をして結石の変化に注意してみることもご検討下さい。
ご参考になれば幸いです。

日時2020-02-10 18:03:01

こぱんだ(質問主)


丁寧なご回答をいただきありがとうございます。大変参考になりました!
次回レントゲンを撮ってもらい相談したいと思います。お忙しい中本当にありがとうございました。

日時2020-02-10 20:31:37

猫の皮膚病は飼い主が気づくことが多い病気です。よくある事例や飼い主が気づけるポイントを、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸院長が動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: