イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

まいこ(質問主)


猫アイコン 猫 20歳 オス 雑種

体重:3.2kg

飼育歴:0年11ヶ月

居住地:東京都東久留米市

飼育環境:室内

今年20歳になるタツは、腎疾患のため、自宅で輸液を週に4回やっています。実家に帰省するときは動物病院に預けて輸液をやってもらっていたのですが、前回、預けている間、怒りまくり、自宅に戻ってきてからも毛が抜けたり、ふけが出たりしていました。相当、ストレスだったようです。
そのため、お正月に帰省する際は、動物病院に預けるのはやめようと思うのですが、その間、輸液をしなくても大丈夫でしょうか?
帰省するのは5日間で、その間はペットシッターさんにご飯等の世話をしてもらう予定です。

日時2019-12-06 10:53:24

専門の獣医師からの回答

輸液療法は止めずに継続することを推奨します。

日時2019-12-17 17:17:01

なぜ猫は腎臓病になりやすいのでしょうか。腎臓病の原因、代表的な症状、検査の基準値について、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸院長が解説します。猫の健康に役立つ知識が身につく「まなびばsippo」をご覧下さい。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: