イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

くりこ(質問主)


犬アイコン 犬 6歳 メス ウェルシュ・コ-ギ―・ペンブローク

体重:11kg

飼育歴:6年4ヶ月

居住地:広島県東広島市

飼育環境:室内

前十字靭帯損傷で手術を考えています。
関節外法の術式を勧められました。
てんかんの持病があり
TPLOでは、初めての病院やましてや入院が心配です。
関節外法では、かかりつけ医での手術ができるとのことでした。しかし、一週間の入院。減量、術後の管理。いろいろと大変だともうかがいました。
ネットで検索をしてみると、最近の手術は
TPLO法ばかりが挙がってきます。
やはりそちらが第一選択支なのでしょうか。

6歳コーギーでやや肥満ぎみ11キロ
ボール遊びは大好きですが、抑制することも出来ると思います。

アドバイス。
どうぞよろしくお願いいたします。

日時2019-11-04 14:07:45

専門の獣医師からの回答

前十字靭帯断裂の手術についての質問ですね。
飼主さんが記載しているように、現在の前十字靭帯断裂の手術はTPLOが主流です。
小型犬の場合、関節外法での手術でも治療成績はかなり良いのですが、この子のように中型犬、ましてや肥満気味となると関節外法では再発の可能性が高くなります。
私自身はTPLOはしませんが、中型犬以上の場合はTPLOを勧めています。
TPLOは関節外法と比較して早期に回復する、再発のリスクが非常に低いなどのメリットがあります。
ただ、手術可能な病院が少ない、費用が高いなどのデメリットもあります。
広島であればTPLOの手術をされている病院は何件かあります。
お悩みのようなら一度TPLOをやっている病院を受診されてみてはいかがでしょうか。

日時2019-11-09 11:13:00

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: