イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

はみがきこ(質問主)


猫アイコン 猫 19歳 メス ロシアンブルー

体重:3.4kg

飼育歴:19年0ヶ月

居住地:大阪府大阪市中央区

飼育環境:室内

1年前から血尿が続いており、継続治療中ですが、なかなか治りません。
普段は、おしっこ自体は黄色で、真ん中が赤く1ミリに満たない血の粒がありますが、時々おしっこ自体が薄いピンク色になり、このピンク色が濃くなると、雲南白薬という漢方薬を処方してもらっています。
薬を飲んでピンク色が薄くなったり、黄色(真中は赤)になったりしますが、
この2種類の尿の状態の違いはどういうことでしょうか。
やはり全体がピンクになる方が、より悪化していると見てよいのでしょうか。

日時2019-11-01 07:18:02

専門の獣医師からの回答

ご心配ですね。血尿の原因が何であるかを見つけることが重要となります。尿の色が正常であったり、ピンク色に染まったり、点状の血液が尿に混じることから、いくつかの原因が疑われます。まず雌ネコであることから未避妊であれば子宮からの出血、また膀胱からの出血の場合は、出血部位が痂皮に覆われている時は正常な色の尿、剥がれた場合はピンク色、排尿の最後に剥がれた時は、点状の出血。また膀胱内に結石がある場合、或いは腫瘍がある場合も同様な所見が得られます。主治医の先生にどのような原因が考えられるかご相談ください。

日時2019-11-12 09:59:44

はみがきこ(質問主)


返信の仕方が分からず、遅くなりましたが、ご回答ありがとうございました。

日時2020-01-04 11:29:07

なぜ猫は腎臓病になりやすいのでしょうか。腎臓病の原因、代表的な症状、検査の基準値について、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸院長が解説します。猫の健康に役立つ知識が身につく「まなびばsippo」をご覧下さい。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: