イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

らんらん(質問主)


猫アイコン 猫 11歳 メス 雑種

体重:3.8kg

飼育歴:0年4ヶ月

居住地:千葉県松戸市

飼育環境:室内

・現在の状態 

左前脚をかばいながら歩く様子が見られたので4日後に病院にて診察
あ脱臼と診断されアンチノール1ヵ月分処方

・経緯

異変に気付いた診断4日前は普通に歩いているように見えました。
自宅内の階段を日に5~8往復します。
飼い始めから足音が大きいと感じたり飛び降りた時の音がドタっとしていると感じていましたが運動神経悪いくらいかなぁと思っていました(あ脱臼に関係あるか判断できません)。
行動範囲にはキッチンより高いところがありません。
飼育気期間が短いため過去の生活環境はわかりかねます。

・かかりつけの獣医師の説明

アンチノール投薬。
希望により紹介状を発行。

・何を相談したいのか

あ脱臼に治療法があるのか?
治療法によりくろにかかる負担は?
このままだと生活にどのような影響があるのか?
どうすることが最善か?


厳しいご意見もいただければ幸いです。
よろしくお願いします。

日時2019-10-02 22:16:29

専門の獣医師からの回答

X線写真を見ましたが、小さな画像の為正確な読影が出来ません。
ただ、左の上腕骨と肩甲骨の関節部分の尾側側に丸い白いものが写っています。
右にはないと思いますが、これに関しての説明はありましたか?
亜脱臼しているかどうかはわかりませんが、慢性的な経過であれば治療は難しいかもしれせん。
急性の亜脱臼であればしばらくの間バンテージなどを巻いて動かせないように固定をします。
いずれにせよ、症状に改善がないのであれば整形に詳しい病院を受診されることをお勧めします。

日時2019-10-05 16:52:56

らんらん(質問主)


返信いただきありがとうございました。
白い丸があることであ脱臼と診断されたのですが
白丸が何なのか、これによりどのような弊害があるのか、治療について等
専門の病院を探してみようと思います
背中を押してくださりありがとうございます。

日時2019-10-06 19:26:11

猫の皮膚病は飼い主が気づくことが多い病気です。よくある事例や飼い主が気づけるポイントを、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸院長が動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: