イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

江戸川(質問主)


犬アイコン 犬 1歳 オス シ-ズ-

体重:4kg

飼育歴:0年2ヶ月

居住地:東京都港区

飼育環境:室内

今年の6月に保護団体から家族に迎え入れました。当時、脇の下とお腹の一部に湿疹ができており、痒がっていたので獣医さんに診てもらったところ、膿皮症と診断され抗生物質とノルバサンシャンプーを処方していただき、1週間経たずして湿疹と痒みが治りました。
現在も週に1回程度ノルバサンシャンプーで洗って、なるべく皮膚を清潔に保つようにしています。また、フロントラインでノミダニケアも行っています。
皮膚に湿疹や赤みは全く無いのですが、背中やお腹、後脚先、尾の付け根を舐めたり、噛んだりする仕草を見かけます。一日中ずっとというわけでは無いのですが、おもちゃで遊んでいる最中にいきなり掻きはじめたり、一緒にリラックスしている時であったり、タイミングは決まっていないです。
掻きむしって皮膚を傷つける事は今のところないですが、やはり掻いている姿を見ると気になります。

痒みの原因は何なのでしょうか?
ワンちゃん達は皮膚に病気が無くても身体を掻いたりするものなのですか?
痒みを軽減させる何かができるのであれば是非教えて頂きたいです。
宜しくお願いします。

日時2019-08-22 09:48:40

専門の獣医師からの回答

ご質問にお答えさせて頂きますが、実際に診察したわけではありませんのでその点御了承下さい。
まず、本当に「痒み」なのかどうかという問題があります。ワンちゃんは「痒い」とは言えませんので、いわゆる「痒み行動」は本当に痒い時は勿論、痛い時や不安な時などにも同様の行動を示すことがあります。もし本当に「痒み」だとすると実際には皮膚に何らかの症状が出ることが多いと思います。しかし、実際には何も症状が出ていない場合もありますし、逆に症状がない場合は前述したような痛みや不安な行動かもしれません。痒み行動を軽減させる方法はその原因により様々です。原因を調べるためにも早めに動物病院を受診されることをお奨めします。

日時2019-08-24 15:54:09

「上下関係のために犬は甘やかしてはいけない」。こんなしつけ方は正しいのでしょうか? のべ10万頭以上の実績がある専門家が、最新のしつけ理論を動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: