イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

みや(質問主)


犬アイコン 犬 12歳 メス 柴

体重:8kg

飼育歴:7年6ヶ月

居住地:京都府宇治市

飼育環境:室内

1か月前程に子宮蓄膿症で手術しました。一時的には良くなったのですが、また水が溜まったため、利尿剤などで出していたみたいなのですが、食欲が無くなり薬を飲まなくなったため、スポイトでの薬投与に切り替えました。膿がではじめ、最近はほとんど水しか飲みません。そして7月30日に痙攣が出ました。40秒程だったと思います。横になった状態で痙攣し始め、走ってるような痙攣の仕方でした。心配でたまりません。回答をお願い致します。

日時2019-07-30 22:53:13

専門の獣医師からの回答

 通常、子宮蓄膿症の手術では子宮を取り出すので、再び膿がたまることはありません。ただし、子宮の根元はどうしても残るので、時間が経った後に稀にそこの部分に再び膿がたまることがあります。ただし、その場合には通常手術が適応になります。また、抗生剤はある程度、膿を抑える力はありますが、利尿剤は使用されません。再度の主治医の説明の提示やセカンドオピニオンの必要を質問の文章だけでは感じます。

日時2019-08-11 20:32:12

「上下関係のために犬は甘やかしてはいけない」。こんなしつけ方は正しいのでしょうか? のべ10万頭以上の実績がある専門家が、最新のしつけ理論を動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: