イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

ドキちゃん(質問主)


猫アイコン 猫 17歳 メス ジャパニーズボブテイル

体重:2.7kg

飼育歴:17年0ヶ月

居住地:広島県安芸郡海田町

飼育環境:屋外

2017年くらいから、腎不全が、発覚されました。最近7月10日くらいから、風邪か、熱中症か食欲なくなり吐き気も一日一回、元気なく病院に行きました。
かかりつけの獣医師は、抗生剤、消炎剤、皮下点滴打たれました。
様子を見て悪くなりましたから、また、かかりつけの獣医師にみてもらいました。血液検査では、腎臓の数値がかなり高くなりました。治療したのに、高くなりましたが、緊急入院が必要と言われましたから、仕方なく、その病院で4日入院させました。
心配でしたが、無事退院できました。
自宅に帰ると、割りと食欲ありました。退院三日目にまた皮下点滴に病院に連れていきましたら、また、抗生剤、消炎剤など、打たれました。
不快に思い、一番最初に通っていた病院に行きました。
しかし、皮下点滴の機材貸出しは、行わないし、診療時間もまちまちでしたし、考えた挙げ句、また違う病院に行きだしました。
今の病院は!皮下点滴を毎日するよりも、口から餌、水をしっかり飲んだり食べたりする方が自然に近いし、猫も負担が軽くなりますよと言われました。なので、皮下点滴を一日あけました。しかし、やはり食欲落ちました。体重は、2.8⏩2.7に、なりました。
今の獣医師は、皮下点滴より、食欲増進剤をのんで様子を見なさい❗と言われましたが、食欲増進剤とは、抗鬱剤のことでしたから、少し不安を感じました。
皮下点滴に頼るより、抗鬱剤に頼るのは、私はちょっと納得いきません。
水分も、自分からは、ほとんど飲みませんし、、
皮下点滴と、抗鬱剤併用も、抵抗があります。

あと、今までの投薬が、エナカルド、ラプロスです。エナカルドは、腎臓疾患の初期しか飲まさない薬と、現在の獣医師に言われています。
エナカルドに変わるace阻害薬に切り替えるか、エナカルドを少しずつ減らしてラプロスだけにしたらどうかと言われています。
まとまらない文になりましたが、これからの対処療法(皮下点滴に加え抗鬱剤)、投薬についてどの様にすれば良いか回答を宜しくお願いします。


日時2019-07-26 21:26:11

専門の獣医師からの回答

 慢性腎不全の猫すべてにいい治療法というものはありません。その猫ごとに最適な治療法は変わりますので、早く信頼できる獣医さんを見つけて、その指示に従って治療してあげてください。猫ちゃんが少しでもいい状態で長生きできることを祈っています。

日時2019-08-01 00:18:26

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: