イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

うた(質問主)


猫アイコン 猫 2歳 オス 雑種

体重:4.5kg

飼育歴:1年6ヶ月

居住地:北海道札幌市豊平区

飼育環境:室内

5月に体調を崩し、嘔吐と咳、便秘があり近隣の獣医に触診とレントゲン見ていただいた所、便秘と診断され整腸剤をもらいました。
数日経っても収まらなかった為、別病院にて診察していただき、触診で下顎の両側と胸の前が腫れているとの事で腫瘍が疑われるとの事で血液検査、レントゲン、針での簡易検査を行って頂きました。
リンパ腫か、リンパが腫れているだけかその日は分からず、ステロイドと抗生剤で様子を見る事になりました。

10日後腫れが引いていた為、ステロイドの量を減らしてまた様子を見ることになりましたが、1週間程度でまた咳と嘔吐、食欲不振、便秘状態になり、再度ステロイドの量を戻し詳しく検査することになりました。

吐く事の恐怖心からかほとんど食事を受け付けなくなり、朝晩胃液を吐いたり体重が落ちていきました。吐き止めの注射や点滴をしてもらっていたのですが、衰弱して黄疸が出てしまい、連日点滴に通いました。
合わせて、クローナル検査でリンパ腫の検査をして頂きました。

点滴のおかげで体調や食欲不振が戻り、便も普通に戻ってきて安心していたのですが、クローナル検査でTCR-Aに反応がある用紙を渡されリンパ腫である事が判明しました。
抗がん剤投与を7/8に1回目、家庭での投薬に抗生剤とステロイド10ミリを7日分、7/16に腫瘍の縮小が見られ、抗がん剤2回目、投薬で抗生剤とステロイド5ミリを処方されております。本日の診察でまた少し腫瘍が大きくなっているかもしれない、と触診で言われました。処方は前回と同じです。次回は7/23に3回目の抗がん剤予定で、本日は増血剤を注射して頂きました。

クローナル検査の用紙を頂いたのですが見方がよく分からずで、ご質問させてください。
TCR-AとTCR-Bで、Aにハッキリと反応が出ておりました。Bは薄く反応が出ているように見えます。
lgh-A、Lgh-Bには反応が出ていませんでした。

AとBの違いは何でしょうか?
無知なのでインターネットで色々リンパ腫について調べていますが、T細胞はB細胞に比べると予後が悪いと書かれている事からとても不安です。
獣医さんは〇〇型(消化器型など)と特定出来ないリンパ腫と仰っていて、高分子低分子などは何も言っておりませんでした。予後についても特に説明なく、放射線などのお話もされていませんでした。

T細胞型のリンパ腫が疑われますでしょうか。
また、添付した書類から高分子低分子などは予想つきますでしょうか。

リンパ腫の子に対して家でしてあげられるケアやサプリなど何かあればぜひご教授ください。どうぞ宜しくお願い致します。

日時2019-07-18 19:03:09

専門の獣医師からの回答

クローナリティー検査は、リンパ球が腫瘍性の増殖しているのか、そうでないのかを判断する遺伝子検査です。陽性であれば腫瘍性の増殖と判断されますが、偽陰性や偽陽性もあrちます。TCT-AとBはどちらが陽性でもT細胞性の腫瘍ということになり、IghA, Bは、陽性ならB細胞性と判断されます。AとBの違いはプライマーというものの違いで結果には関係ありません。AでもBでもどちらかが陽性か陰性かで判断します。T細胞性の方が予後が悪いというのは犬の話で猫ではそうとは言えません。高分化型と低分化型かはこの遺伝子検査ではわかりません。細胞の検査か病理組織検査で専門医が判断する必要があります。消化器症状が強いので内視鏡の検査などで、病理組織検査をしてしっかり診断を付けることが重要かと思います。

日時2019-07-24 10:30:50

うた(質問主)


こんなにご丁寧にお答えいただき、涙が出ました。
本当にありがとうございます。

内視鏡検査など病理組織検査をしてしっかり診断をつける事が重要、とのこと。
獣医師に相談の上、場合によっては専門的なセカンドオピニオンも含めて検討したいと思います。

お忙しい中本当にありがとうございます。
サプリや栄養についても勉強しながらこの子にとって良い方向を模索したいと思います。


日時2019-07-24 10:47:19

猫の皮膚病は飼い主が気づくことが多い病気です。よくある事例や飼い主が気づけるポイントを、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸院長が動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: