イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

ミアママ(質問主)


猫アイコン 猫 12歳 メス スコティッシュフォールド

体重:4.3kg

飼育歴:12年2ヶ月

居住地:徳島県徳島市

飼育環境:室内

ミアは12歳のスコティッシュ雌です。
2017年11月に 2センチほどの乳がんを 3つ見つけて 左一列切除しました。
2018年9月に再発し 2019年3月に 右一列切除しました。

その後元気でいてくれたのですが、6月中旬から食欲が落ちてきました。
ほとんどご飯のカリカリ(カナガン)を食べなくなり、7月初旬から よく吐くようになりました。
カナガンに 好きな鶏ぶしをふってあげると 小匙半分くらい食べてましたが、今は 食べません。
水は 良く飲んでいます。

体重は 4.3キロで、4月から300グラム減りました。
排泄は ほんの少しですが 出ています。

おやつは欲しがるので、缶詰めのお汁だけ飲んでます。
それでも小匙1杯ほどです。

友達から 同じフードだと飽きてしまったのかもしれないと、スーパーで売ってるようなカリカリを 何種類か、送ってくれました。
それだと 小匙2杯ほどですが 食べてくれます。(1日量)
でも、ガンの餌になる穀物が入ってるので あげたくないのですが、何も食べないと死んでしまうので 少しずつあげています。

私への反応は、今までと変わりません。

最初に手術をしてから 1年8ヶ月経ちます。
また、どこかに転移してるのでしょうか。
今度 肺に転移したら 最期と言われています。
呼吸は 荒くなく、よく寝ています。
そろそろ お別れの時が 近づいて来たのでしょうか?
それとも、食欲が落ちているだけでしょうか?

病院に連れて行ったら どういう処置をしていただけますか?
病院に連れて行こうか 迷っています。

お忙しいと思いますが よろしくお願い致します。

日時2019-07-18 11:49:34

専門の獣医師からの回答

 猫に乳腺腫瘍が見つかった場合、乳癌の可能性が高いことから、単発の場合でも片側全摘出術が推奨されています。今回、時期は異なりますが左右の乳腺を1列切除(全摘出?)されているようですが、病理組織学的検査は実施されているでしょうか?病理組織学的検査の結果が「完全切除(腫瘍の取り残しががない)」で「脈管浸潤なし(血管やリンパ管に腫瘍細胞が入り込んでいない:つまり転移の可能性がない」ということでしたら、完治も期待できるかもしれません。ただ、病理組織学的検査は、腫瘍を隅から隅まで見ているわけではありませんので、見ていない箇所に脈管浸潤がある可能性も残ります。そのため、術後も転移の有無を確認するための定期的な検査が必要です。もし、病理組織学的検査の結果が「脈管浸潤あり」ということでしたら、転移する可能性は高いと思われます(ちなみに、左側乳腺にできた腫瘍を切除した後、しばらくしてから右側乳腺に腫瘍ができた場合は、転移でも再発でもなく、原発と考えられます)。
現在の症状が乳腺腫瘍の転移によるものかどうかは、検査(肺転移の有無を確認できるのはレントゲン検査です)をしないとわからないと思います。12歳というご高齢ですし、食欲不振の原因は、乳癌とは無関係かもしれませんので、できるだけ早く病院に行かれて、レントゲン検査や血液検査等を受けられることをお勧め致します。

日時2019-07-25 00:06:00

猫の皮膚病は飼い主が気づくことが多い病気です。よくある事例や飼い主が気づけるポイントを、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸院長が動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: