イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

とも(質問主)


犬アイコン 犬 4歳 オス ゴールデンレトリバー

体重:30kg

飼育歴:4年2ヶ月

居住地:岩手県奥州市

飼育環境:室内

耳が外耳炎になったので、1ヶ月くらい前から近所の病院に通っていたのですが
突然ご飯を食べなくなったので病院にいって検査したら肝臓の数値が高くて毒素が溜まってると言われました。
肝臓の薬を貰い、いままでの耳の抗生剤と一緒に飲ませていましたが、みるみる元気も食欲も無くなったので違う病院に連れてってみたら末期の癌で肺にも転移していて余命1ヶ月と言われました。
エコーとレントゲンと血液検査をした様です。
あまりに突然の事なので正直信じる事が出来ません。
1週間前までは普通に散歩もしていたのに、今は散歩も出来ず食べる事も殆どしません。
このまま見守るだけで何も出来ないのでしょうか?
ちなみに血液検査で高かったのは
WBC-87.25
NEUT-75.04
Lym-7.13
MoNO-4.56
です。

日時2019-07-10 20:20:34

専門の獣医師からの回答

 エコー検査、レントゲン検査、血液検査(白血球数の高値)で診断された、既に肺転移している末期癌とのことですが、診断名(例えば肝細胞癌の肺転移など)がわからないため、申し訳ありませんが具体的なコメントのしようがありません。悪性腫瘍(癌や肉腫)の場合でも、腫瘍の種類によっては病態がかなり進行しないと症状が表に出てこない場合があります。今回の場合は、肺転移が生じたことで呼吸が苦しくなったため、食べることができず、運動(散歩)もいやがるようになったとも考えられます。最近では、トセラニブという薬で肺転移した腫瘍塊が縮小したという報告もありますが、全ての癌に効果があるわけではありません。根治が困難な場合でも、少しでも呼吸が楽になるような対症療法ができるかもしれませんので、担当の獣医師とよくご相談下さい。

日時2019-07-20 00:42:23

とも(質問主)


ありがとうございました。
17日に家族看取られながら亡くなりました。
最後は苦しそうに吐血をして息をひきとり、可哀想でした。
癌の原因が遺伝的なものなのかフードなのか解りませんが、フードに書いてある原材料などを信じて与えてしまった事に後悔しています。
牛肉、鹿肉等としか記載されていないものにも腐食しない様な科学物質が入っている様です。
また、動物のフードは食品としての扱いではなく日本では明記について罰則当の規定も無い様なので気をつけてください。
ペットとはいえ大切な家族の口にするものは、自分の口にしても大丈夫な物を与えてください。
真剣に向き合ってくれる獣医さんもいれば、利益の為に粗悪な材料等で作って販売する業者もいます。
人は自分で判断して食べますがペットは飼い主から与えられた物しか食べれません。

日時2019-07-20 04:34:33

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: