イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

ミコトパパ(質問主)


猫アイコン 猫 14歳 メス 雑種

体重:4.5kg

飼育歴:14年3ヶ月

居住地:茨城県つくば市

飼育環境:室内

14歳 ♀ 避妊済み です。
先日 耳血腫になりました。
耳血腫の処置として インターフェロン・ステロイド・手術 の方法があるのは聞きました。
説明を聞いたのですが素人には一度聞いただけでは難しく、すべてを理解することは出来ませんでした。
3つの処置方法の 利点と欠点・大まかな費用・完治までの処置にかかる期間 教えていただけると幸いです。

日時2019-06-27 18:54:45

専門の獣医師からの回答

インターフェロンやステロイドを用いる治療は、猫が大人しく処置をさせてくれれば無麻酔で実施できます。一方、手術には当然全身麻酔が必要です。
インターフェロンやステロイドによる治療では、症例によって治癒するまでの処置の回数や治療期間にかなり幅があります。
一方で、手術は術後に手足で手術部位を掻かないようにエリザベスカラーを着けるなどして清潔に管理するといった配慮が必要ですが、通常は一回の手術で治癒します。
14歳と高齢ですので、全身麻酔を避けたいというお考えが強いのであれば、耳血腫で貯留した液体を抜去してインターフェロンやステロイドによる治療を選択することになるでしょう。
それぞれの治療に要する治療費は施設によって異なりますので、直接かかりつけの施設にお問い合わせいただくのが良いでしょう。
耳血腫になる犬猫は、元々外耳炎や中耳炎で耳に痒みがある場合が多いので、そのような異常があれば同時にそれらの治療も必要です。
どうぞお大事になさって下さい。

日時2019-07-01 23:51:43

「うちの猫が下部尿路疾患と診断されたけど、いったいどんな病気?」 猫専門病院・東京猫医療センターの服部幸院長が注意したいサインを解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: