イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

無病息災(質問主)


猫アイコン 猫 2歳 オス 雑種

体重:5kg

飼育歴:1年5ヶ月

居住地:大阪府堺市中区

飼育環境:屋外

猫の後ろ足の動きが、おかしい。
今年の3月半ばに、生まれて初めての感染症にかかりました。その時に右後ろ足をビッこひいて、高熱と下痢の症状がありました。病院で血液検査とレントゲン撮影したところ後ろ足に異常はなく、感染症の正体もわからない。とのことでした。抗生物質、インターフェロン、皮下輸液で回復。
いろいろ事情あって、猫はどうしても外出が控えられません。オス同士のケンカによるキズも絶えずありました。
そしてしばらく経過し、二日前から右後ろ脚だけでなく、左の動きもおかしくなりました。両側とも歩けるけど、ビッコひいて歩幅も狭いです。猫自身不調がわかるのか、遠出を控えてよく眠ってます。他には右前足に長く体重をかけることが出来ません。右前足の親指の爪が剥がれやすく、これもレントゲン、血液検査上理由はわからないそうです。食べる間だけ正面向いて座っていますが、頭を右に傾ける傾向があります。右耳だけ後ろ側に閉じることもしました。
今まで、猫風邪など何度か病院に無理矢理連れて行きましたが、とうとう前回の通院後に狂ったように家出をしてしまい、ようやく見つけ出して元どおりの生活に戻るまで数ヶ月必要でした。このような症状で病院に連れて行き、また前回よりも長い家出、もしくは帰らなくなってしまっては。と思うと、病院に行き辛く、考えられる病気、マッサージ法、おススメのサプリなどありましたら、教えていただきたい。今はLPSを飲んでます。

日時2019-06-18 00:20:04

専門の獣医師からの回答

回答に際し、ちょっと不明瞭な部分があります。右後肢のビッコは一旦消失していたのでしょうか?治った上での、左後肢のビッコですか?
だとすると、予想される原因は猫同士の咬傷による繰り返しの細菌感染、外傷で良いと思います。また、爪が剥がれやすいのは、繰り返し剥がれてしまうということでしょうか?
それだと、いずれも原因は外出と喧嘩ということになると思います。さらに耳を後ろに倒してしまうのは、耳周辺の外傷あるいは外耳炎がないでしょうか?
いずれにしてもきちんとした診察が必要で、これらがあまりマッサージやサプリで解消するとは思えません。今一度ご検討ください。

日時2019-06-28 11:03:52

猫の皮膚病は飼い主が気づくことが多い病気です。よくある事例や飼い主が気づけるポイントを、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸院長が動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: