イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

ネオナラ(質問主)


猫アイコン 猫 15歳 オス 雑種

体重:7kg

飼育歴:14年8ヶ月

居住地:大阪府大阪市東住吉区

飼育環境:室内

15歳雄7キロです。
突然の食欲不振と、多尿で血液検査をしてもらった所、クレアチニン6.4 BUN48、で腎機能低下と診断されました。
あと、グロブリン5.5、アミラーゼ2199で免疫蛋白の上昇と言われました。

抗生剤の注射をしてもらい、腎臓サポートのフードで様子を見て2週間後にまた来るようにいわれました。

食欲もなく、だるそうにしているのでしんぱいです。
このまま様子を見てていいのでしょうか?
セカンドオピニオンを受けた方がいいでしょうか?
お願いします。

日時2019-06-05 22:56:33

専門の獣医師からの回答

 クレアチニン6.4ということは腎不全は間違いないと思いますが、急性なのか慢性なのか、また原因によっても治療法は変わります。詳しい検査を受けて、現在の進行状態および原因に合った治療を受ける事をお奨めします。

日時2019-06-12 00:28:24

猫の皮膚病は飼い主が気づくことが多い病気です。よくある事例や飼い主が気づけるポイントを、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸院長が動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: