イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

みのこ(質問主)


犬アイコン 犬 10歳 メス チワワ

体重:2.5kg

飼育歴:10年4ヶ月

居住地:岐阜県多治見市

飼育環境:室内

今日一年に一回の定期検診を受けたところ、僧帽弁閉鎖不全症と言われました。段階はまだ初期という所で悪化するところが卵より少し丸くなってる様子でした。
できるだけ長生きさせたいです。
その方法はなんですか?
また、寿命はあとどれくらいありますか?

日時2019-05-21 19:28:38

専門の獣医師からの回答

僧帽弁閉鎖不全症は、4つに病状を分類することができます。
ステージAであれば定期的な心臓の検査、ステージBの2という状態になれば治療を開始します。
治療は、心臓の薬の投与です。
ちなみに、心臓が大きくなっているのであれば、ステージB2です。
ステージB3になると、無治療で1年半程度の寿命です。
一般的なお薬による治療で3年程度です。
ただし、これは平均ですので、もっと生きる犬もいますし、そこまで頑張れない犬もいます。

日時2019-05-27 20:00:19

「上下関係のために犬は甘やかしてはいけない」。こんなしつけ方は正しいのでしょうか? のべ10万頭以上の実績がある専門家が、最新のしつけ理論を動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: