イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

あめゆき(質問主)


猫アイコン 猫 1歳 オス アメリカンショートヘア

体重:5.2kg

飼育歴:0年11ヶ月

居住地:埼玉県新座市

飼育環境:室内

猫の給餌について質問です。
猫に極力、水分を取らせる為にウェットを推奨するお医者様が結構多いです。それは理解するのですが、例えばメジャーなウェットの総合栄養食である黒缶だと、5kgの猫に一日、2.5缶と記載されています。ドライフードと違い栄養面で必要な量を与えると、とんでもない量ですよね。
仕事の関係で朝と夜しか餌をあげられない中で、2.5缶与えようとすると、一回、1.25缶です。
多すぎても、全部食べてしまう、家の猫ちゃんはその後、吐いてしまいます。当たり前といえば当たり前なんですが、これって、皆さんは回数を分けて与えているのでしょうか?それとも栄養不足でも量を減らしてる?ドライとの混ぜ合わせ?
何が正しいのかわかりません。
教えて下さい!

日時2019-04-25 20:58:58

専門の獣医師からの回答

ペットフードに記載されている体重当たりの給餌量の基準値は、通常少し多いなと感じられることでしょう。体重当たりの1日のエネルギー要求量には、同じ体重であっても痩せ気味か太り気味か、避妊や去勢手術を受けているか否か、大人しいか活発か、といった個々の動物の状況や季節などによって差があります。
マグロやカツオなどの魚を主原料にした缶詰フードはタンパク質が豊富な反面、脂質や炭水化物の含量が少ない傾向がありますので、100g当たりのカロリーが少し低くなり、その分給餌量が多くなる傾向があります。
先ずはご愛猫が無理なく食べられる量を給餌してあげて、体重が変化するかどうかを観察してあげましょう。
缶詰フードだけで体重維持が難しい場合は、適切なドライフードを選び、そのカロリーを確認したうえで混ぜてあげると良いでしょう。
猫は元来ネズミなどの小動物を一匹ずつ何度も捕食していた動物なので、少量頻回に採食する習性があります。現代はお仕事の関係などもあって1日2回の給餌が一般的ですので、例えば缶詰フードを朝夕2回給餌して、その間(特に夜間など)にドライフードを少量ずつ何度かに分けて与えるのも良いのではないでしょうか。

日時2019-04-29 12:14:54

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: