イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

Yuka(質問主)


犬アイコン 犬 11歳 メス チワワ

体重:2.6kg

飼育歴:10年8ヶ月

居住地:福島県須賀川市

飼育環境:室内

3月末ごろより一日に一回から数回の空咳。
咳の回数は2回て、咳に続いてえずきます。

3/22の手術後定期検査時、僧帽弁不全閉鎖症の診断を受けていたこともあり、4/5にかかりつけの先生を受診し、気管支拡張剤と心臓の薬を処方されました。

かえって咳が酷くなったため、心臓の薬を中止し、気管支のお薬を飲むと症状は緩和されました。
しかし、気管支のお薬を飲み終わったら
また、空咳2回とえづきがありました。

咳は、顎を何かに乗せて眠っている時の、寝しなに起こります。急に目覚めて立ち上がり、空咳2回とえづいた後、また眠ります。

空咳とえづきの原因として考えられること、及び、予防方法があればご教示ください。

咳以外は変化なく、元気て食欲もあります。

日時2019-04-17 09:26:58

専門の獣医師からの回答

なにの手術かはわかりませんが、そのことから咳が出るようになったという感じでしょうかね。
情報が少なすぎて何ともいえませんが、僧帽弁閉鎖不全症はあるステージからは、投薬をした方が病状の悪化を抑制できることがわかっていますので、その子のステージによってはお薬の投与をすべきです。
気管支拡張剤を飲んでいる間はいいのであれば、気管支や肺の病気の可能性があります。心臓が悪くなりすぎると心臓が気管支を圧迫して咳の原因にもなりますが、その場合にも気管支拡張剤は有効です。
気管支拡張剤がこの子の症状を緩和することがわかっているのであれば、投薬を継続することをお勧めします。心臓病や気管虚脱などをもっている犬では、気管支拡張剤をずっと飲んでいる子もたくさんいます。
怖いのが肺炎や気管支炎などの感染性のものです。また診断はされているでしょうが、肺水腫でも咳は起こります。心臓病のステージも含めて、一度総合的な診断を受けられる方がいいと思います。

日時2019-04-29 09:54:18

「上下関係のために犬は甘やかしてはいけない」。こんなしつけ方は正しいのでしょうか? のべ10万頭以上の実績がある専門家が、最新のしつけ理論を動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: