イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

らくしゅん(質問主)


猫アイコン 猫 1歳 オス 雑種

体重:3.8kg

飼育歴:0年2ヶ月

居住地:愛知県小牧市

飼育環境:室内

1月に鼻水と目やにでボロボロになって鳴いているところを保護しました。2ヶ月経って体重も1.3キロから3.8キロに増え、目もきれいになりましたが、鼻水くしゃみが治りませんでした。
顎のリンパが腫れているのが気になるので細胞を採って検査しました。
検査の結果、先生はリンパ腫とのこと。
報告書をいただきましたが、確実にリンパ腫なんでしょうか?
報告書には、
やや多くの赤血球、散発的な好中球および形質細胞に混じて、やや異型なリンパ球が散見されます。リンパ腫が疑われますので、継続的な検査が必要です。 とありました。
疑われますとありますので、まだ確実ではないのではないのでしょうか?
それともこのような結果はほぼリンパ腫で間違いないという事なんでしょうか?
現在、ステロイドの飲み薬を一週間出していただき、飲ませています。鼻水は止まっています。
元気もあり、ご飯も沢山食べていますが、軟便です。

日時2019-03-17 00:08:10

専門の獣医師からの回答

いわゆる猫風邪が慢性化した状態かと思いますが、このような場合や口内炎がある場合、顎の下のリンパ節が腫れることはよくあります。また、猫白血病ウイルスや猫免疫不全ウイルス(猫エイズ)に感染している場合も腫れることがあります。これを反応性のリンパ節腫大と言います。検査所見をみてもこの可能性が十分ありるとおもわれます。しかしリンパ腫の可能性もないとは言えません。これらを区別するためには、遺伝子検査によるリンパ球クローナリティー検査やリンパ節を1つ切除して病理検査を行う必要があります。

日時2019-03-25 09:53:16

らくしゅん(質問主)


ありがとうございました。
今日、通院の日ですので先生にそのあたりの事を伺ってみたいと思います。
病院で聞くのが気が引けてまして、お手数をおかけしました。

日時2019-03-25 10:30:22

猫の皮膚病は飼い主が気づくことが多い病気です。よくある事例や飼い主が気づけるポイントを、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸院長が動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: