イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

もんまま(質問主)


犬アイコン 犬 14歳 オス ヨークシャテリア

体重:3kg

飼育歴:13年8ヶ月

居住地:京都府向日市

飼育環境:屋外

初めまして、13歳のヨーキー(去勢済み)の愛犬の食事について質問です。

5年前、血尿、頻尿の症状で病院へ行き(ベネズエラ在住で水が原因だと思います)その病院では、膀胱炎症と言われ抗生物質で症状を抑えていましたが、1015年3月に帰国後直ぐに病院へ行きシュウ酸の結石だと言われ手術、その後ヒルズのc/dのみの食事とし結石の再発はありません。

1年前からエクアドルに来て、その後もずっと日本から持ってきているヒルズのc/dを食べさせていました。
年末、5日間ホテルに預け(食事は持ち込み)、帰宅後下痢の症状があり様子を見ていましたが(ホテルで鳥のスープを飲んだ)食欲もなくなり腹痛が酷かったので病院へ行きました。
血液検査、尿検査、エコーの結果膵炎と判明。
膵炎以外(腹膜炎や潰瘍,腎臓)の症状は見られず、結石も無く血液検査、尿検査は正常だと言われました。
膵炎の原因は、犬種、年齢、急に違うものを食べた(ホテルで食べた鶏肉のスープ)だと言われました。

今日から3日間入院です。幸い、他の病気を併発していないので数日で退院できると言われました。
帰宅後、調べたところ、膵炎の原因に高脂質があると知りました。また、ヒルズのc/dは膵炎には良くない(高脂質)とあり、今後の食事をどうすれば良いか迷っています。
この国では、ロイヤルカナンのurinary s/oというのが、結石後の療養食として販売しています。
今後、シュウ酸結石、膵炎の予防の為にはどの様な食事(腎臓、低脂肪等)が一番良いのでしょうか?

日時2019-01-08 09:19:41

専門の獣医師からの回答

膵炎は無事落ち着かれましたでしょうか。シュウ酸カルシウム結石の再発を確実に予防することは中々困難なことなのですが、5年間ヒルズのc/dだけで再発がないとのことですので、大変素晴らしいことと思います。
ご相談内容ですが、膵炎を発症したことから食事中の脂肪分を制限するほうが良いのでは、と考えておられることと推察致します。
シュウ酸カルシウム結石の予防を目的としたフードは、タンパク質やナトリウムを適切な量に制限し、尿のpH調節のためにクエン酸カリウムが添加され、さらにシュウ酸塩の前駆物質となるビタミンC無添加、といった工夫がなされています。そのため、ご相談のように膵炎とシュウ酸カルシウム結石の両方にピタリと適したフードとなると少し難しいところです。 ロイヤルカナンのurinary s/oが販売されているとのことですが、日本国内ではドライフードとしてurinary s/oの他に” urinary s/o special”と” urinary s/o moderate calorie”があります。
膵炎とシュウ酸カルシウム結石の予防、両方を考慮したフードとなると、” urinary s/o moderate calorie”が候補となります。ただ、c/dの代謝エネルギーが100gあたり377kcalなのに対し、” urinary s/o moderate calorie”は331kcalと少し低カロリーとなります。
療法食を主な目的別に見てゆくと以上のようなことなのですが、ご愛犬が高齢の小型犬種であることから、今後僧帽弁閉鎖不全症のような心臓疾患や高血圧、腎機能の低下にも配慮したいところです。” urinary s/o moderate calorie”はナトリウムの含有量がc/dよりもかなり多く含まれていますので、小型の高齢犬には注意が必要です。また、塩分の過剰は尿中へのカルシウムの排泄増加につながることがあります。
このようなことから、膵炎から回復して経過が落ち着いているのであれば、確かに少し脂肪分は気になりますが従来のc/dが無難なように思われます。
ご参考になれば良いのですが。 どうぞご検討下さい。

日時2019-01-17 07:01:37

もんまま(質問主)


詳しく教えていただき有難うございます。
無事に退院し膵炎は順調に回復しており、明日からは病院で薦められたプロプランの高齢犬用のみのドックフードへ完全に移行する予定です。こちらでは、日本で売られている様な膵炎後の消化器サポート系のフードが売っていない様です。なので、年齢に合わせて、ロイヤルカナンかプロプランの高齢犬用にするよう支持されました。
Urinalysis/oは(ここではヒルズc/dが無いので同じ系統にものを食べていると先生には説明)薬的なもので長期間食べるのは良く無い、膵炎直後なのでc/dは駄目だと言われました。こここで薦められた高齢犬用フードでは実際、c/dより脂質のパーセントが高いのが気になっています。
先生の勧めていただいた様に、明後日の検診でこちらのDr.へc/dに戻したいことを話してみます。自分では判断できなかったので、丁寧に教えていただいて本当に有難うございます。

日時2019-01-17 08:36:02

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: