イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

(質問主)


犬アイコン 犬 9歳 メス チワワ

体重:3.9kg

飼育歴:0年4ヶ月

居住地:茨城県牛久市

飼育環境:室内

遠方に住んでいた飼い主が亡くなった為、今年8月から一緒にいるチワワです。飼い主と二人(一人と一匹)きりで住んでおり、好きなだけ食べていた事もありウチに来た時は4.5キロでした。来たばかりの頃は、咳や少し動くと舌が紫になったりと、心配で近くの動物病院に掛かり、当然ですが痩せる様に言われました。ダイエットフードで、体重が落ちてきており現在は3.9キロ。咳もでなくなりました。先日犬ドックを受けた結果、胆泥症、心肥大、脂肪肝と診断されました。ALPが781と高くお薬を勧められました。現在は、ヒルズのダイエット+ユリナリーを処方食としています。 お薬の副作用はほぼないと先生はおっしゃっていたのですが、体重も順調に減っており、動きも軽快になっている所をみると、これで副作用が出て元気がなくなったら‥と心配になってしまいました。やはり、数値が高い事を考えると、処方食だけでは改善は難しいのでしょうか?処方された薬は、レニールとレプタンドラです。
宜しくお願いします。

日時2018-12-20 15:50:24

専門の獣医師からの回答

4.5kgから3.9kgに減量されたとのこと。心臓や呼吸器系に負担が掛かるほどに太っていたようですので、先ずは減量成功ですね。犬の栄養状態(太り具合)を評価する方法の一つに、「ボディコンディションスコア(略してBCS)」があります。これは、理想的な体型を中心に、痩せ型から肥満までを5段階か9段階に分類して評価するもので、5段階評価なら「3」が、9段階評価なら「4~5」が理想的な体型となります。この理想体型の目安が、「過剰な脂肪の沈着がなく、肋骨が触れる。犬を上から見下ろして肋骨の後ろに腰のくびれが見られる。横から見て腹部の吊り上りがみられる。」というものです。両手で左右から胸を撫でてみて、肋骨が解らない場合はもう少し減量してもよさそうですし、肋骨が解るようであればすでに理想体型に到達していると思われますので、これ以上の減量は必要ないでしょう。BCSについては、動物病院で簡単に評価してもらうことが出来ますので、参考になさってみて下さい。
次に、検診で「胆泥症」、「心肥大」、「脂肪肝」の指摘を受けたとのことですが、それぞれ、「どの程度なのか」が問題と思われます。
「心肥大」については、犬種と年齢から「僧帽弁閉鎖不全症」という老化にともなう弁の異常が無いか、あるとすればどの程度なのか、お薬が必要な状況なのか、を確認して頂かれると良いでしょう。それには、聴診器による心臓の雑音の評価や、胸部レントゲン検査による心臓の形と大きさの評価、および心臓超音波検査による血液の流れや心臓の形の評価、といった検査があります。
次に「胆泥症」ですが、犬の胆嚢には、胆汁成分に胆嚢粘膜から剥がれ落ちた細胞と粘液などが混じって泥状になって沈殿した「胆泥」が溜まることがよく見られます。珍しいことではないのですが、胆泥が胆嚢内に半分以上溜まっている場合は定期的(貯留量にもよりますが年に数回程度)に腹部超音波検査で胆泥の溜まり具合を観察することをお勧め致します。
今回ALPが高かったとのことですが、腹部超音波検査にあわせて時々ALT, ALPなどの肝臓・胆管系の血液検査を受けられるのも良いでしょう。もし胆嚢内の胆泥が急速に増加したり、胆嚢内に充満してくる場合は、胆嚢炎や胆管の閉塞によって突然の食欲不振と嘔吐の症状が現れることが一般的です。ただし、これらの症状は通常の胃腸障害の症状と同じであるため、診察・検査を受けないと状態が把握出来ず、緊急性があるにも関わらず受診が遅れがちになります。胆泥が貯留している小型犬は日頃から注意してあげましょう。
おそらく大丈夫と思われますが、胆泥があってALP値の高い犬が、お水を異常に沢山飲む(病的な飲水量は100ml/kg)場合は、「副腎皮質機能亢進症」と「糖尿病」に注意する必要があります。
また、「脂肪肝」は肥満などの栄養過多でみられますが、そのほかに「副腎皮質機能亢進症」、「糖尿病」「甲状腺機能低下症」があると胆泥の貯留とともに脂肪肝を認めることがあります。
体重も順調に減り、動きも軽快になっているとのことですので、現在の体重を維持するのが適当なように思われますが、正しくは一度動物病院で確認して頂いてください。
レニールとレプタンドラを投与しておられるとのこと。これらのお薬は「**トキシコロジー」という考えに基づいて使用されるもので、通常の医薬品や動物用医薬品(薬効や投与量、投与方法および毒性などを試験して国内の厚生省や農林水産省に認可された「医薬品」)とは異なるものであることを理解されたうえで、主治医の説明を受けて使用されることをお勧め致します。

日時2018-12-27 13:11:27

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: