イヌ・ネコの健康医療相談

猫の黒目の大きさが左右で違い、よく見えていないようです

飼い主からの相談に専門の獣医師が回答します

まいこ(質問主)


猫アイコン 猫 10歳 オス 雑種

体重:7.0kg

飼育歴:9年7ヶ月

居住地:埼玉県川口市

飼育環境:室内

左右の黒目の大きさが違います。もともと拾った時から左目が濁っていてその目からピンク色の涙が出ていました。外見は以前より少しだけ痩せた感じ(とは言ってもまだ全然太っています)で、片目が見えていないのか今までよりもテーブルやカーテンにぶつかるようになりました。食欲は普段より増していて、排泄もちゃんとしているし、水もちゃんと飲んでいるらしいです。少し前から野良猫が家の近くに来るようになって、うちの子が外に出ると付いて回るので、ストレスがかかっているのかもしれません。今までかかった病気は膀胱炎、腎ろう、黄色脂肪症です。最近爪を切りに病院に行ったばかりで、何度も連れて行くと可哀想だと祖母が言っていてまだ病院には連れて行っていません。黒目の大きさが違うのは目が見えていないからなのでしょうか、それともなにか別の病気にかかってしまったのでしょうか。考えられる原因が知りたいです。わかりにくい文章で申し訳ありません。

日時2018-12-20 15:24:48

専門の獣医師からの回答

瞳孔の大きさが異なる場合は、眼圧、炎症、虹彩の癒着、水晶体位置異常、神経系の問題など、原因は多岐にわたります。なお、瞳孔が収縮しないことと、失明は必ずしも一致しません。
また、眼球の拡大は、眼圧が上昇する緑内障などでみられ、眼球後方に何か異常があると、眼球が前方へ移動して大きくなったように見えることがあります。
猫や犬は片眼でもほぼ正常に行動できるので、見え方が悪いようですと、正常側の目にも問題があるかもしれません。

日時2018-12-25 19:03:11

猫の皮膚病は飼い主が気づくことが多い病気です。よくある事例や飼い主が気づけるポイントを、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸院長が動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: