イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

sp(質問主)


猫アイコン 猫 9歳 メス 雑種

体重:3.5kg

飼育歴:9年5ヶ月

居住地:岡山県岡山市北区

飼育環境:室内

腎臓の数値が良くなく、水を飲まなく、強制給餌では十分な水分補給が難しいのでで自宅輸液セットを処方していただきました。
獣医がソルラクト500mlに点滴針を刺し、開封状態ですが
その後猫が水を飲みだしたので
まだ一度も使っておりません。
3回分の注射羽針のセットも出していただきました。
獣医には人肌に温めてから使うようにと言われましたが
数日おきに使うとして、
温めた後も、何日間保存できるのでしょうか。

そして、針はもっと細い物などは無いのでしょうか。
TOP翼状針(18G 3/4 1.27×19mm)
それとも皮下点滴にはこれくらいの針の太さでないと難しいのでしょうか。

日時2018-12-11 16:20:42

一般の飼い主さんからのコメント

通りすがりのVET


私の病院では皮下点滴の輸液バッグは使用しない時は冷蔵保存にしてもらい、3日ほどで交換するようにお話しています。
翼状針は23や25Gなどもありますよ。
ただし、針が細くなるほど点滴速度が遅くなるため多少時間はかかるかもしれません。

通りすがりのVETより

日時2018-12-12 01:29:28

sippo編集部からのお知らせ

sippo編集部です。
健康医療相談では、ご相談をお受けしてから、それぞれの分野を専門とする獣医師に割り振り、アドバイスさせていただいています。回答する獣医師は、公益財団法人「動物臨床医学研究所」所属の現役の動物病院長らです。このためご相談をお受けしてから、回答があるまでに若干の時間をちょうだいしています。
また、sippoが依頼した獣医師の回答は、ほかのコメントと区別するため、「専門の獣医師からの回答」と表記しています。この「専門の獣医師からの回答」以外のコメントについては、sippoや動物臨床医学研究所が内容を保証するものではありませんので、お含みおきください。

日時2018-12-12 14:40:08

一般の飼い主さんからのコメント

ぽろみる


1か月前に腎不全だった愛犬を看取りました。
1年3か月の闘病生活で、体調が悪い時には毎日自宅で皮下輸液を行っておりました。
同じソルラクト500mlです。

私の場合、やはり人肌に温めた方が愛犬や愛猫は違和感ないとのことだったので
毎回温めておりました。とくに冬などは温めて入れたほうが体が冷えたりしません。
保存方法は冷蔵庫ではなくても大丈夫でした。
私の担当医の指示通り、陽の当たらない場所に夏でもそのまま置いておりましたが全然大丈夫でした。
皮下輸液は本当に本当に大切な命綱です。
そして愛犬も愛猫も自宅でママやパパがやってくれるのが一番だと思います。
腎不全はとても大変でとても辛くとても恐ろしい病気です。

どうかママさんパパさんたちが頑張って病魔と闘ってください。
きっと愛猫ちゃんは答えてくれると思います。

日時2018-12-12 17:06:03

猫の皮膚病は飼い主が気づくことが多い病気です。よくある事例や飼い主が気づけるポイントを、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸院長が動画で解説します。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: