イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

たまご(質問主)


犬アイコン 犬 13歳 メス 柴

体重:不明

飼育歴:13年10ヶ月

居住地:静岡県静岡市清水区

飼育環境:屋外

今年の夏あたりから痒がり始め、市販の薬をかけましたが、皮膚がどんどん腐っていっているように荒れています。老犬なのでなかなか病院に連れて行けません。今日見たら皮膚に大量の虫が湧いていました。調べてみましたが、なかなかなんの虫かわかりません。これはなんの虫でしょうか?対処法があったら教えていただきたいです。やはり往信や訪問治療を取るべきでしょうか?

日時2018-11-25 15:31:51

専門の獣医師からの回答

画像で虫の種類を特定することは難しいのですが、蛆が寄生した蝿蛆症(ようそしょう、ハエウジ症とも呼ばれます)が疑われます。
衰弱して寝たきりになった動物の、「床ずれ」した部分や、身体の汚れた部分、または身体の表面に腫瘍が出来るなどして皮膚が痛んだ部分などに蝿が卵を産みつけたり、蛆が侵入した可能性が推測されます。
高齢の御愛犬にとって、生命に危険が及びかねない状況になっているのではないか心配です。
早急に診察を受けられることをお勧め致します。
仮に御愛犬が比較的元気そうにしていて食欲もあるとしても、飼い主様のご判断で介護なさることは
難しい状況かと思われます。
どうぞお大事になさって下さい。

日時2018-11-29 20:41:43

愛犬の目元や足元のケアはしていますか。目元ケアに使えるローションや、模型を使いながら目元の拭き方を紹介します。ヤマザキ動物看護大学の福山貴昭先生が解説します。犬との暮らしに役立つ「まなびばsippo」をご覧下さい。

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: