イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

らんち(質問主)


犬アイコン 犬 10歳 メス ポメラニアン

体重:不明

飼育歴:6年4ヶ月

居住地:福岡県宗像市

飼育環境:室内

お世話になります。約10歳になるメス犬の手術の是非について相談させて頂きます。飼育の経緯は、繁殖リタイア犬で、譲り受けた時から歯がボロボロで、ぐらつき炎症口臭ありました。
夏ごろに歯肉炎が悪化し、悪臭と出血がありましたので、かかりつけに受診をしたところ、抜歯の手術を勧められました。が、決心がつかす、クスリで様子を見ています。そのほかにも、譲渡時よりヘルニアもあります。あと、乳房より白い液体、血液状の液体が出ることもあり、避妊手術、ヘルニア手術も一緒にやってしまいましょうと、勧められました。歯に関しては、是非やった方がいいとのこと。 ただ、疾患はあっても日々元気に走り回ってる姿を見るとなかなか麻酔が必要な手術の決心がつきません。
しゃしんは、ヘルニアの大きさと、乳房からの液体が固まったものです。歯は、人力で口を開けると出血しそうなのでさわれませんでした。
どうぞよろしくお願いいたします!

日時2018-11-24 20:27:29

専門の獣医師からの回答

写真を拝拝見します鼠経ヘルニアの可能性があると思われます。避妊手術は開腹手術となりますので鼠経ヘルニアの手術と一緒に行うことは適切です。現在、食欲・元気があっても、乳汁が排出していることから現在も乳腺炎の可能性もあり、そのうちに乳腺腫瘍(乳がんなど)も併発する可能性も考えられます。したがって、卵巣に関係して乳汁が排出していることが疑われますので避妊手術は行った方がよろしいと思われます。
 また、口臭などから歯垢の付着から歯周病が悪化していると考えられます。したがって、歯周病の治療は、他の一般の手術と一緒にできませんので(一緒に行った場合、歯周病の治療の際に歯周病細菌が全身の血流に入り込み、一般の手術部位に移行して、手術部位が炎症を引き起こす恐れがあるために)、避妊手術が終わってから改めて抜歯も含めて歯周病の治療は行った方がよろしいです。口を開けると出血しそうとのことですので歯周病の治療も必ず行って下さい。治療後は快適に過ごせるようになります。

日時2018-11-29 22:34:22

らんち(質問主)


ご回答ありがとうございます。
私も、歯の手術は別にやった方が良いのではと思っていましたので、ご相談出来て安心いたしました。
主治医は、避妊、ヘルニア、歯周病一緒に大丈夫だと言われるのですが
手術を2回に分けたいと、主治医に納得して頂くにはどのように話しをしたら良いでしょうか。
(質問がずれていましたらお許しください!)

日時2018-11-29 22:49:24

専門の獣医師からの回答

「一緒に行った場合、歯周病の治療の際に歯周病細菌が全身の血流に入り込み、一般の手術部位に移行して、手術部位が炎症を引き起こす恐れがあるため 」とお話ください。

日時2018-11-30 10:08:46

らんち(質問主)


迅速にわかりやすいご回答ありがとうございます。早いうちに手術を受けたいと思います。

日時2018-11-30 12:12:08

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: