イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

PIANA(質問主)


犬アイコン 犬 7歳 メス シベリアン・ハスキー

体重:26kg

飼育歴:6年7ヶ月

居住地:静岡県静岡市清水区

飼育環境:屋外

愛犬ルナは生まれてから5カ月間、狭いゲージに閉じ込められていたため、最初は全く歩けませんでした。少しずつ訓練をして、今は歩くのが大好きになりました。でも子犬の時に歩いてこなかったので、足が丈夫ではないのかもしれないと心配しています。今まで2時間くらい毎日歩いてきましたが、7歳になった今、今後足を痛めないかが心配です。今は何の問題もないのですが、後ろ足がすごく短いです。太り気味でもあり、足の老化が早まるのではと不安です。アドバイスよろしくお願いします。

日時2018-11-23 02:18:02

専門の獣医師からの回答

毛づやもよく健康そうなハスキーちゃんですね。
写真、文面からも愛情を注がれていることが伺われますね。
肢が心配とのことですね。
確かに大型犬は股関節、膝関節含め老齢になると関節疾患が増えてきます。
また、変形性脊椎症などの背骨の異常も多く見られます。
現時点でルナちゃんの状況は解りかねますが、太り気味とのことですのでダイエットをお勧めします。
肥満は関節への負担がましますので、まずは少し食事量を減らしてください。
運動でのダイエットは二時間でもあまり効果はありませんし、運動量を増やせばそれだけ関節・腰に負担がかかります。二時間の散歩も年齢に応じて徐々に減らした方が良いと思います。
その他、関節系のフード、サプリメントを与えてみるのも良いかもしれません。
写真では後肢はそこまで短いようには見えませんが、短いからといって足の老化には関係ありません。
成長期に骨・関節に問題が生じた可能性がありますが、現在まで二時間の散歩をしても問題がないのであれば大丈夫だと思います。
心配なようなら一度動物病院でX線検査などを受けてみてはいかがでしょうか。
今後もかわいがってあげてください。

日時2018-11-27 16:02:36

PIANA(質問主)


ご丁寧なアドバイスありがとうございました。まだまだ長い散歩をしたがりますが、時々1時間程度の散歩に抑えたりはしています。できるだけ自分の足で歩ける期間を長くしてあげたいと思っています。

日時2018-11-27 17:51:34

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: