イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

宜しくお願い致します。(質問主)


犬アイコン 犬 1歳 メス ポメラニアン

体重:1.6kg

飼育歴:1年0ヶ月

居住地:東京都千代田区

飼育環境:室内

ポメラニアンの足の異常についてです。
心配な点、今後のケアの仕方、手術について質問させて頂きます。
宜しくお願い致します。


約3ヶ月前、急にキャンとゆうような感じで鳴いたので
様子を見に行くと、片足を上げたり下ろしたりを繰り返していました。

それからは以前と違い、度々片足を上げたり下ろしたりを繰り返していて
明らかに異常がありました。

何度も病院に通ってましたが触診しても小型犬にはよくある症状との事でした。

また、入院もさせてみたのですが病院ではそこまで異常な症状もなく
結果的に様子見とゆう事になりました。

ですが最近、前より異常症状が増したような気がします。
匍匐前進みたいに前足だけを使って移動したりしている所を多々見ます。

元気、食欲はありますが飼い主としてはかなり心配です。
体の弱い個体なのかな、とも思いますが。


自宅治療などをして治るぐらいの症状だとしても時間がかかってしまうと思いますし、
手術などはどこまで病状悪化していたら出来るものなのでしょうか?

それとも、手術なしで治る見込みがあるのであれば
しない方が良いのでしょうか?

正確な診断結果は無いのですが、
この症状はパテラ?に似ていると思います。
実際に診察して頂いている訳ではないので
判断しかねる点もあるかとは思いますが、これらの症状は何の病気なのでしょうか?


分かりにくい説明かも知れません。
申し訳ございませんがご回答宜しくお願い致します。


その後、病院に2件行った結果、股関節が良くないのとパテラでした。

股関節は骨頭が欠けていていびつな部分があるみたいでした。
手術をしないと悪くなる一方との事でした。

パテラはグレード3〜4でした。

日時2018-07-28 21:36:45

専門の獣医師からの回答

症状、犬種などから考えると膝蓋骨脱臼(パテラ)の可能性が高いと思われます。
実際、他の病院で大腿骨頭の異常とパテラと診断されているのならば、間違いはないと思います。
パテラはグレード3~4ということなので、手術の適応となります。
また、大腿骨頭の異常は若い子なので大腿骨頭壊死(レッグペルテス)などの可能性があると思います。
こちらも手術適応となり、大腿骨頭の切除を行います。
どちらの病気も今の段階では内科的に改善することはないです。
消炎鎮痛剤などで一次的に改善することはあっても、おそらく徐々に進行していきます。
患肢を使わなくなることで、筋肉が落ちてしまうなどの問題も出てきます。
可能であれば早期の手術を受けられることをお勧めします。

日時2018-08-03 09:34:09

宜しくお願い致します。(質問主)


お返事ありがとうございます。
本当に助かります!


2件病院で診てもらった(いつもの病院が休診だった為)後日、
いつもの病院に行き、2件の病院での診断結果をお伝えし、診察をして頂きました。

いつもの病院での診断結果はレントゲンを撮ったり、触診での検査でしたが
腰が良くないのは無いが、
股関節の骨頭を切除しないといけないとゆう事は無いとの事でした。

なので、骨頭切除はしませんとゆうかしない方が良いと。
これから先、絶対にレッグ・ペレテス病にならないとは限らないけど
現時点では気にするほどまででは無いと仰っていました。

膝の方はやはり脱臼(パテラ)していて
症状を伝えたり院内を歩かせたりして先生が診た結果、
グレード3ぐらいで痛み止めを飲んでも少しの変化もないようなら
手術が方法としては良いですとゆうような診断でした。


ですが、獣医学会や教本には3kg以下の小さな犬の脱臼手術はしない方が良いとのことを
ネットで調べているうちに見たのですが、
実際のところどうなんでしょうか?


度々すみませんが、ご回答宜しくお願い致します。

日時2018-08-03 16:46:04

専門の獣医師からの回答

膝蓋骨脱臼の手術に関しては、一般的にグレード3以上が手術の適応となります。
チワワ、トイプードル、ポメラニアンなどの小型犬種に発生が多く認められます。
膝蓋骨脱臼自体で命の危険はないため、症状が出ていなければ手術をしない場合もあります。
ただ特に成長期の膝蓋骨脱臼はどんどん悪化することがあるため、症状があるならば手術を行うことが多いです。グレード4だとすると大腿骨、脛骨の変形を伴うため、症状も強くでますし、手術も複雑になってきます。
時折の軽い跛行位であれば内科的治療やサプリメントなどで症状が緩和することもあります。
小型犬の手術はしないほうが良いという記載がどこにあったかはわかりませんが、小型犬でも手術はします。ただ、小型犬は体重が軽いため後肢に体重をかけず、前肢のみで体重を支えて歩くためグレードが高くても症状が出にくい場合もあります。
心配なようでしたら整形外科を得意とする病院で診察を受けることを勧めします。

日時2018-08-03 18:45:24

宜しくお願い致します。(質問主)


再びのご回答、ありがとうございます。
詳しいご説明で助かります!

また、何かありましたら宜しくお願い致します。

日時2018-08-03 19:37:32

「上下関係のために犬は甘やかしてはいけない」。こんなしつけ方は正しいのでしょうか? のべ10万頭以上の実績がある専門家が、最新のしつけ理論を動画で解説します。

 

この質問の回答は締め切りました。

これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: