イヌ・ネコの健康医療相談

相談・獣医師回答・コメント

ぺぺママ(質問主)


犬アイコン 犬 10歳 オス プードル(トイプードル)

体重:3.9kg

飼育歴:0年11ヶ月

居住地:大阪府貝塚市

飼育環境:室内

はじめまして。よろしくお願いいたします。
先日しっぽの右側上部に3~4㎝程の腫瘍がみつかりました。『肥満細胞腫』という悪性腫瘍と聞きました。精密検査を受け他の臓器やリンパ節等に転移は見当たらないとのことで、今後は抗がん剤を行い腫瘍が小さくなってくれたら、オペをすることをすすめられました。
私達家族からすれば、1日でも永く一緒に過ごせること、痛みや苦しみを少しでも取り除くことを念頭に考えておりますが、やはりオペはするべきなのでしょうか。
今年で10歳になるし、雄ですが身体も小さく細身です。人間でもオペをすれば体力が落ちてしまうのに、こんな小さな身体に麻酔をかけてオペをさせるべきかとてもなやんでいます。
どうすれば良いのか、考えても考えても答えがでません。どうか助けてください。

日時2018-01-28 07:15:21

専門の獣医師からの回答

皮膚の肥満細胞腫は、良性に近いものからかなり悪性度の高いものまでさまざまです。切除して評価(病理検査)しないとどの程度の悪性度か判断ができません。しかし、どちらにしても手術をして切除するのが最善の治療法になります。抗がん剤や放射線、分子標的薬などさまざまな治療法が肥満細胞腫にはありますが、切除可能なものは切除するのが最も治癒率が高い治療方法です。手術や全身麻酔は年齢的には問題ないと思います。余命を考えると根治できる可能性がある治療法を選択するのがよいと思います。

日時2018-01-29 17:21:03

 
これまでに2,000件以上もの相談が寄せられています。
みなさんの心配事に似ている過去の事例がないか、症状、病気、体の部位、薬、犬種・猫種など気になるキーワードで、相談・回答を検索してみましょう。

相談を検索する

種別: